〈アロマブレンド〉秋、ゆったり深〜い眠りを促す

 

 

みなさま、こんにちは。

 

台風がすごかった地域の皆さま、ご無事でしょうか…?

茅ヶ崎も、先日の夜中は窓にたたきつける雨風がすごくて眠れませんでした…

 

またすぐ来るそうですが、被害が大きくならないことを祈ります。

 

 

 

さて、こうして季節は巡り、いよいよ秋がやってきますね!

 

今年は、個人的に夏がかなりキツかった印象があるので

最近ちらほらと増えてきた秋の陽気には、ホッとしております。

 

秋、みなさんは何をしますか?

 

芸術の秋

食欲の秋

読書の秋

スポーツの秋

 

いろいろありますが、忘れがちなのが…

 

睡眠の秋!

 

「春眠暁を覚えず」ということわざは有名ですが、

秋も、「いつまででも寝てられる~」なんて人が多い季節。

 

でもなぜ秋に眠くなるのでしょうか?

原因をちょっと調べてみました。

 

 

1つは、自律神経の乱れ。

季節の変わり目は、朝晩の気温差が大きくなるとき。

身体が体温調節をがんばってもけどついて行けず、

通常なら寝るときに体温が下がって眠くなるのにうまくいかないため、睡眠不足になる、という説。

 

もう1つは、日照時間が少なくなってセロトニン不足で睡眠不足に陥る、という説。

「秋うつ」で眠気やだるさに悩まされている可能性もあるそうです。

 

 

…が!

先述の2つはいずれも「睡眠不足になっていつも眠い」というもの。

 

でも、私が感じてるのはそんなモヤモヤしたものではなく

もっと心地よい眠気!

深~く、ぐっすり眠れてなんて幸せ…♡

という眠りなのです。

 

 

それで納得のいった説が…こちら。

人は睡眠貯金はできないけれど、睡眠借金はできるのだそうです。

 

日照時間が長いと眠りは短くなり、逆に日が短くなると睡眠時間も短くなる。

(個々人がどうコントロールしてるかは別として自然の摂理的に)

…ので、夏の間は睡眠が短くなって睡眠借金が貯まっているそうです。

 

そして気温も落ち着いてきた秋、それを解消するように眠りを取り戻すそうな…

 

諸説ありますが、私はこの説が一番しっくりきました!

 

だって、夏の間は本当に寝苦しい日が多くて、暑すぎて寝不足を感じる余裕もなかった…

ただ暑いだけじゃなくて、体の細胞や、周りを取り巻く空気もなんだかいつもワチャワチャうるさくて

「スッ」と内観できる日が少なかったように感じます(;_:)

 

やっと落ち着いてぐっすりできる~♪\(^o^)/

 

 

…ということで、秋に眠くなるそこのあなた(^.^)

思う存分、心ゆくまで眠るがよろし☆

 

 

前置きが長くなりましたが、今回は

秋の夜長にぐっすり睡眠を深める、そんな香りをブレンドしてみました♡

 

 

イランイラン

マンダリン

ローズマリー

クラリセージ

プチグレン

または

ベチバー

 

 

やや重めのノートで、かつ甘ったるくなりすぎないよう、ハーブのスッキリ感もプラスしてみました。

 

プチグレンまたはベチバーは、土のようなこんもり落ち着き感を表現したくて…

「収穫」とか「実りの秋」というテーマも感じられるように仕上げてみました♪

 

 

いつもティッシュに垂らしたのを枕元に置いて寝るのですが、

このブレンドは布団に入ったとき最初に香るトーンから、

ちょっと読書してる間に変化するところや、

朝起きたときの残り香まで、

 

変化をじっくり楽しめる気がします。

 

 

ぜひミリラッサをご利用の際に、お試しになってみてください~(^.^)

 

 

 

今回もお読みいただきありがとうございました!

また次回もお楽しみに☆

 

 

秋らしい〜うろこ雲

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://soyo-soyo.jp/13313/trackback

PAGE TOP