すべてはみんなの「おかげさま」☆人生初のお伊勢参りに行ってきました!

 

こんにちは。

暇さえあれば神社へ行き、

今まで納めたお賽銭は計り知れないそよそよです^^

 

さて、3月の春分(宇宙元旦)の頃に合わせてお休みをいただき、

人生初のお伊勢参りに行ってきました!!

 

今回の旅の隠れテーマはズバリ、

『効率はあとまわし!心を使ってとにかく楽しむ♪』

 

ついつい何でも頭で考えがちな現代人ですが、

「心のおもむくままに行動した方が、実は結果的にすべてがうまくいく!」

という法則の検証も兼ねて行ってきました。

 

お天気はあいにくの雨でしたが、

後から気付いた「祓いの雨」!

 

「おかげさま」で、

本当〜にすばらしい旅になりました!

 

このブログを通じて、

皆さんにもワクワク楽しむことの大切さを感じてもらえたらうれしいです(^o^)

 


そうだ、フェリーで行こう!

まずは旅の計画から。

今回は【1泊2日 + 夜行バスで1泊】でした。

 

東京から伊勢までは、

・新幹線で名古屋まで行き、近鉄かJR、または車で伊勢入り

・東京から夜行バスで伊勢入り

・飛行機でセントレア空港から伊勢入り

というのが多いと思います。

 

…が、

今回私はフェリーで行くことに決めました^^

 

だって、海から伊勢入りするなんてワクワクするし…

「菊次郎の夏」で豊橋の海に憧れていたし…

 

時間や交通費を調べたところ、新幹線と比べてもせいぜい2時間の差。

急ぐわけじゃないし…

 

 

〜*〜 使用ルート 〜*〜

【新幹線(ひかり)】東京→豊橋

【豊鉄】新豊橋→三河田原

【豊鉄バス】三河田原→伊良湖岬

【伊勢湾フェリー】伊良湖岬→鳥羽

☆上記3つ【豊鉄・豊鉄バス・フェリー】はセット券(片道2060円)があります!

【CANバス(周遊バス)】鳥羽→伊勢市駅

〜*〜*〜*〜

 

 

6:34発の新幹線で出発してから、

外宮到着は13:00近く。

待ち時間もあったのでそこそこかかりましたが、移動もぜんぶ楽しかった!

 

実はこの日の朝、見事に寝坊しまして、、

12分で支度を終えて、猛ダッシュで品川駅へ。

なんとか間に合いました^^;

 

さて、品川から84分、豊橋に到着!

その後、豊橋鉄道(とよてつ)に乗車〜

ローカル感がかわいい♡

 

終点の三河田原駅で下車。

サーフタウンなのですね!駅がとってもきれい。

 

さらにそこから豊鉄バスに乗って、

「伊良湖岬(いらごみさき)」のフェリー乗り場へ♪

フェリー乗り場は「道の駅」になってて、とても楽しかったー!

 

地図で伊勢湾の地形を確認。

この地図を見ただけでも、海ルートの方がめちゃくちゃ楽しい感じではないか〜^^

 

試食販売のおじさんがいろんな海の幸を売ってて、焼さより&干しホタルイカをget♪

干しホタルイカ、本当に大好き!

今夜の肴に。

 

フェリーを待ってる間も、おそうじのおばさんと楽しくお話♪

なんでもこの辺には「キャベツ御殿」がいっぱいだそうで(愛知県はキャベツの一大産地)

お婿さん候補もたくさんいらっしゃるそうな。笑

ここに住めば、きれいな海とともに生活できて、いつでもお伊勢参り行けるよなぁ〜♪

 

旅のおとも、チェブラーシカ。

あいにくの曇り空ですが、やはりフェリーに乗ってるだけで楽しかった♪

 


まずは外宮にお参り

そしてフェリーに揺られること約1時間。

鳥羽に到着。

 

フェリー乗り場から伊勢市へは近鉄もありますが、

ちょうど目の前に周遊バス「CANバス」が!!

一路、伊勢市駅へ。

 

今日は外宮周辺を楽しんで、

明日まるまる使って、内宮〜おかげ横丁〜気になるところを楽しむ予定です。

 

ちなみに、外宮(げくう)→内宮(ないくう)の順に回るのが正式な参拝順序。

(読み方も「ぐう」ではなく「くう」)

 

さらに昔は、はじめに夫婦岩のある海のところで身体を清めてから外宮に参拝したそうですよ。

 

外宮前に到着〜

赤福で、お参り前の一服^^

美味〜♡

そして、お値段にびっくり!

東京では考えられない安さです。

 

さて、いよいよ外宮に参ります!

外宮は、天照大神のお食事を司る「豊受大神(とようけのおおみかみ)」をおまつりしています。

 

…実は、

こちらではほとんど写真を撮りませんでした。(充電が残りわずかだった)

ぜひ実際に足を運んでみてくださいね。

 


伊勢市駅すぐ!お宿もエンジョイ♪

今回私が泊まったのは

伊勢パールピアホテル」です。

 

伊勢市駅にあって便利な上、

ここが個人的に本当〜にすばらしくて!!

感謝!

 

お部屋は1人用スタンダードのこじんまりした空間ですが、きれいです。

フロントで新聞もくれました。

 

私的にツボだったのがこちら!

「古事記(現代語訳版)」と「伊勢志摩ペディア」!!

この古事記は、伊勢志摩サミットが開催されたときに

「もっとみんなに日本の神話について知ってもらおう」というプロジェクトのもと、

伊勢志摩のホテルに寄付されたものなんだそうです。

もっとゆっくり読みたかったー!

 

伊勢志摩ペディアも、この地域のことや文化のことが詳しく載っててかなりおもしろかったです!

江戸時代、ブームになったお伊勢参り。

当時はみんなで協力して伊勢行きを計画し、くじ引きで決めた代表者が何日もかけて行く大イベントでした。

また、迎える伊勢の人々も、旅人を無償で手厚くもてなしたそうです。

 

みんなが「おかげさま」の感謝の気持ちを大切にしていたことから、「おかげ参り」と呼ばれています。

もちろん、明日行く予定の「おかげ横丁」もその名残。

 

今は交通手段など便利になったけれど、

人と人の交流や一体感はかなり薄くなってますよね。

「おかげさま」の気持ちも薄れてはいないだろうか…

う〜む…

 

外宮〜伊勢市駅に間の途中通りで買った、地ビール。

&チェブラーシカ。

 

ちなみにこのホテルは、目の前にスーパー「Eddy」(←たしかこんな名前)があるのも魅力!

夕飯はお赤飯やお惣菜を買って、お部屋で済ませました。

 

そしてフェリー乗り場でゲットした肴で小宴会^^♪

 

なんと!

テレビの地元旅番組で、たまたま伊勢市駅周辺がやっていました!!

とっっても良さそうな日本酒バーが紹介されてたので、これは明日の楽しみにしよう^^

ワクワク…

 

さらにこのお宿の最高にすばらしいのは、

2階のお風呂!

「大浴場」とはいかないまでも、ジムのお風呂ぐらいの規模で、

サウナも付いてる共同お風呂があるのです!!

 

お風呂大好きな私にとって、これは本当にうれしかった!

しかも時間が早かったからか貸切状態で…

生きててよかった〜

 

余談ですが、私は「お風呂運」がいい!

この旅で初めて意識しましたが、いつもなぜか「よい風呂」に恵まれます^^

明日もまたお風呂ネタあるのでお楽しみに♪

 

伊勢パールピアホテル

三重県伊勢市宮後2-26-22

近鉄・JR伊勢市駅 北口より徒歩2分

近鉄 宇治山田駅より徒歩5分

 


「祓いの雨」の中、ついに内宮へ

おはようございます。

お天気はあいにくの雨…

しかも、、寒い!!

 

今年3月の終わりに季節外れの雪が降りましたが、実はこの日、あの前日なんですよ〜

 

さて、気を取り直して

この大きな鳥居をくぐり、

「宇治橋(うじばし)」を渡って、

本殿へと向かいます。

 

雨の中、玉砂利をひたすらジャリジャリ…

 

ちなみに…

伊勢神宮では手と口を清める手水舎として「五十鈴川 御手洗(いすずがわ みたらし)」があります。

五十鈴川の清らかな流れで身も心もリフレッシュして、お参りできますよ^^

 

いよいよ正宮が見えてきました!

撮影は石段までという決まりなので、ここから上の写真はありません。

 

 

…そしてついに!

念願の天照大神に参拝。

 

すると、白い布(御幌 みとばり)が風でフワァ〜ッと…!!

 

私の祈り

「日本が、そして地球が、

もっと愛と平和でいっぱいになり、

宇宙全体がますます進化向上できますように」

ちゃんと届いたようです^^

 

ちなみに、帰ってから伊勢神宮にくわしいお客さまと話していたら、

時期によってはこの参拝にすごい並ぶそうで…

今回私は全然待たなかったので、ラッキーだったかも☆

 

やはり「祓いの雨」ということで…

ありがとうございました!

 

その後も参拝はつづく。

こちらは「荒祭宮(あらまつりのみや)」

天照大神の荒御魂(あらみたま)をまつる別宮です。

荒御魂とは神の特別なはたらきをする状態、または神が現れた状態といわれているそうです。

 

境内には立派な木がたくさん!

こちらもそのうちの一本。

人との比較でどれだけ大きいか伝わると思います。

 

道行く女の子2人組にシャッター押し合いっこをせがみ、パチリ☆

火曜サスペンスの被害者証拠写真…

ではない。笑

 

こちらは「風日祈宮(かざひのみのみや)」

風の神をまつる別宮。

鎌倉時代の元寇(元寇)のとき、

神風(かみかぜ)を吹かせて日本を守った神様だそうです。

 

「そよそよ」としても、

風の神にご挨拶できたのはとても光栄でした!

 


おかげ横丁、おすすめは「神話の館」!

さて、あまりの寒さにお参りを早々に終えて、、

どこか暖まれる場所を探さねば…

おはらい町をうろつき始めます。

 

ところで、有名な「おかげ横丁」ですが、

「おはらい町(まち)」というそれ自体がお土産屋さんでにぎわう町の一画にある、

さらにお店や茶屋の密集した場所のことです。

 

まずはランチを〜

ここに決めた!

手こねずし・伊勢うどん 手こね茶屋

実は名物「伊勢うどん」は、昨日外宮近くのお店で食べていた私。

伊勢うどんももっちりおいしくて大好きだけど、あまりの寒さであたたかい汁が欲しかったため…

 

「手こねずし&おかげうどんセット」にしました。

とーってもおいしかったです!!

ひじき煮も、ひじきがすごい歯ごたえで美味〜

さすが人気のお店!

手こね茶屋さん、ごちそうさまでした^^

 

 

さて、腹ごしらえも済み、おかげ横丁にやってきました。

後ろののぼりには「神恩感謝」

見えますか?

「おかげさま」の気持ちが形になったような、楽しい横丁です^^

 

向かい側には、テレビでも見たことのある赤福 本店が。

雨でもかなりのにぎわいです。

 

それにしても、ほんとに寒ーい!!

おかげ横丁の茶屋は、みんな半分屋外みたいな感じでゆっくり暖まれる場所もないし、、

どうしよう…と思っていたら!

 

神話の館…?

ここはですね、

15分の映画上映&15分の展示紹介

=30分で日本の神話について知ることのできる、ミニミュージアム的なところなんです。

 

ここが(そよそよ的に)予想以上にすばらしかったー!!

 

中に入ると、私のほかには3名のみ。

まずは映画で、日本の神話のおおかたの流れを見ます。

 

やはり、知れば知るほど結局「宇宙」に行き着いて

今、私がここに在ることへの感謝・感動で

ウルウル…(涙)

 

その後は係の方の案内で、展示を見て回ります。

まずは「国生み」の場面から。

なんとこのお人形、すべて美濃和紙で作られてるんです!

「触ってもOK、撮影も自由にどうぞ」とのことでした。

 

黄泉の国へ行ってしまったイザナミを連れ帰ろうとイザナギが助けに来たものの

変わり果てたイザナミを見てしまい、

猛ダッシュで逃げてる場面が、こちら。

イザナギは最後に桃を投げて、なんとか命からがら戻ってきました。

 

こちらは素戔嗚尊(スサノオノミコト)が八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治する名シーン。

今年は出雲大社にも行きたいなぁ〜

 

あ!ちなみにお客さまから聞いた情報ですが、

伊勢神宮(神社全般も)は陽にあたり、

出雲大社(お寺全般も)は陰にあたるので、

陰陽のバランスを取るため両方(また、神社だけではなくお寺も)お参りすることが大事なんだそうです。

また、「陽→陰」の順に行くのが良いそうです。

 

そよそよのお誕生月にあたる10月、

出雲大社は神在月だし、今年こそ行けたらいいな〜

 

何はともあれ、おかげ横丁「神話の館」

大変おすすめです!

 


またまたお風呂に恵まれる!「安土桃山城下街」の大浴場でぽかぽかに♪

何度も言いますが、、

とにかく寒い…!!

 

もうどこかへ入って夜行バスまでゆっくり休みたい…

ということでやって来たのが

安土桃山城下街

 

日光江戸村的な体験型テーマパークで、

昨日周遊バスで通過したとき

「行く人いるんだろうか…」(←コラ!)

なんて思いましたが、

 

「天然温泉」の文字は見逃さなかった!

大江戸温泉的な大〜きなお風呂を貸切状態で楽しめて、ぽっかぽかに♪

帰りも送迎バスで伊勢市駅まで送ってもらえて、

ありがとうございました!

 


日本酒バーからの、夜行バス

帰りは20:40発の夜行バスを予約してあります。

 

昨日テレビで見た日本酒バーで、軽く飲み食いしてから帰ろ〜♪

…ということでやって来ました

酒蔵 森下」さん

 

伊勢市駅からすぐ!

これまた話題のクレープ屋さん「mikke(ミッケ)」の並びにあります。

酒蔵がやっていることもあって種類はかなり豊富!

お料理メニューもおいしそうなのがたくさんあって、迷います。

 

地酒のお燗と、

モッツァレラチーズの東一吟醸味噌漬け

美味ーーい!

ほかにもぬか漬けやお茶漬け(なぜか「漬け」ばっかり)いただきました。

森下さん、ごちそうさまでした^^

 

皆さんもお伊勢参りの際には、ぜひ!!

 

酒蔵 森下

三重県伊勢市本町2-3

定休日 月曜

ーーーーー*ーー*ーー*ーーーーー

 

さて、この後はおとなしく夜行バスで一路東京へ。

なんとバス乗り場が森下さんの真向かいで…!

テレビで森下さんを知ったのも、楽しい采配だったなぁ〜と改めて感謝。

 

…というわけで、人生初のお伊勢参りは

雨でとても寒かったけれど、

その「おかげ」で!!!

楽しいことモリモリ盛りだくさんの旅になりました〜(^o^)

 

お伊勢さん、ありがとうございました♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://soyo-soyo.jp/7735/trackback

PAGE TOP