夏のアウトドアに!アロマを使った虫よけスプレーの作り方

 

暑い夏がやってきましたね!

海や山、川など、アウトドアのレジャーが楽しい季節になりました^^♪

私もちょうど先日お祭りに行く用事があり、蚊に刺されるのがいやでパパッと虫よけスプレーを作ってみました。

今回はその作り方をシェアしたいと思います。

 

本当に簡単!

おまけにアロマに癒される^^

3分あればできるので、ぜひご家族みんなで作ってみてください。

 


虫よけ効果のあるアロマオイル

精油には「昆虫忌避(きひ)作用」といって、虫が苦手な成分(シトロネラール、シトロネロールなど)を含むものがあります。

虫よけにおすすめのアロマオイルは、下記の通りです。

 

シトロネラ

イネ科の植物から採れます。虫よけ精油の代表選手!

香りは「シトラス系でさわやか〜」と感じる人もいるようですが、実は私はシトロネラが苦手…

前世、虫だったのかな?^^;

 

レモングラス

こちらもイネ科の植物。アジアン料理にも使われるおなじみのハーブですね。

甘いレモンの香りが心に元気を与えてくれます。

皮膚刺激はやや強め。敏感肌の人は量に注意しましょう。

 

ユーカリ・レモン

ユーカリの中でもシトロネラールを多く含む精油。

虫よけ効果はバツグンですが、皮膚刺激は強めです。

香りはレモンのようといえばそんな感じですが、これまた私は苦手…

虫の気持ちがわかる〜(;_;)

 

ゼラニウム

フロウソウ科の多年草。精油は花と葉から抽出されます。

効能がローズと似ていてホルモンバランスを整えてくれるので、女性にはありがたい精油です。

まれに皮膚刺激がある場合も。

 

ペパーミント

スッキリとしたシャープな香りがおなじみの、シソ科の植物。

付けたときの感覚もスースーします。

ケトン類という毒性を多少含んでいるので極端にこの濃度を高めての使用はおすすめしませんが、他とブレンドしていれば神経質になる必要はありません。

 


虫よけアロマスプレーの作り方

今回は爽快感もプラスしてスッキリブレンドにするため、そして、シトロネラやユーカリ・レモンなど苦手な香りを避けるため^^;

ミントやラバンジンを加えて作りました。

 

材料

☆あらかじめ、50mlのスプレーボトルとビーカーを用意しておきます。

 

・お水(水道水でOK)…45ml

・無水エタノール(お酒のジンでもOK)…5ml

・精油(全部で20滴ぐらい)

レモングラス…6滴

ゼラニウム…6滴

ペパーミント…4滴

ラバンジン…4滴

 

作り方

① 容器にお水とエタノールを入れ混ぜる。

 

② 精油をポタポタ入れる。

 

③ よく振る。

 

④完成!

気になる部分にまんべんなく、シュッとします。

※敏感肌の方は皮膚の様子を見ながら使ってください!

 

ついでに…

最近、観葉植物の小さな虫が気になっていたのでこちらにもシュッ!

果たして効果はあるのだろうか…?

しばらく観察していたら、虫が弱っていってる!(ゴメンね…)

効果はちゃんとありました。

 

市販の虫よけ(ムヒやウナコーワなど)に比べると効果は弱めではありますが、、

天然のものなので体と環境にやさしいのが良いところ♪

 

この夏は、アロマ虫よけスプレーを持ってレジャーをたくさん楽しんでもらえたらうれしいです^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://soyo-soyo.jp/6094/trackback

PAGE TOP