おしゃれなマタニティフォトを撮ろう!セルフ撮影のアイデア集&東京のおすすめフォトスタジオの取材レポート

近年どんどんポピュラーになってきている『マタニティフォト』

ママと赤ちゃんの貴重な瞬間、しっかり形に残しておきたいですね^^

今回はセルフでおしゃれに撮るアイデアに加え、

この記事のために特別に東京のマタニティフォトスタジオさんで取材してきた情報を、盛りだくさんでお伝えします!

これであなたも素敵な写真が撮れるはず^^

 

目次:

  1. マタニティフォトがきれいに撮れる時期はいつ?
  2. マタニティフォトをセルフでおしゃれに撮るためのアイデアいろいろ
  3. マタニティフォトをおしゃれにする衣装えらび
  4. 東京にあるおすすめのマタニティフォトスタジオ「HAPPY BIRTH PHOTO(ハッピーバースフォト)」を直撃☆

 


1. マタニティフォトがきれいに撮れる時期はいつ?

日ごとに大きくなっていくお腹。「いつ撮ればいいのかな?」と気になりますよね。

個人差や体調のこともあるので絶対というのはありませんが、

妊娠9か月頃ならお腹のふくらみがちょうどいいのではないかと思います。

後半に登場するマタニティフォトスタジオさんでも、「ベストは34週」とのことでした。

 


2. マタニティフォトをセルフでおしゃれに撮るためのアイデアいろいろ

近頃はスマホのカメラやフォトアプリの質向上もあって、手軽におしゃれな写真が撮れるようになりましたね。

自撮り棒やタイマーを使えばセルフも簡単♪納得いくまで自由に撮ることができます。

まずは「どんな雰囲気で撮りたいか?」決めると方向性が定まりますよ。

 

自宅でもおしゃれに撮れる、ポーズやカットは?

マタニティフォトはなんと言ってもお腹のふくらみ!

まずはまん丸のお腹にクローズアップして、いろんな写真を撮ってみましょう。

手でハートを作ったり、エコー写真と一緒に撮ったり…

お腹にペイントしたり、メッセージを書いてもいいですね♪

 

シルエットをうまく使った写真もアートでおしゃれ。

モノクロモードにして、逆光で(太陽のほうに向かって)撮り、露出を調整すれば簡単にできますよ。

自宅の窓辺など、光の当たるあらゆる場所で応用が効きます。

 

旦那さんや子どもも一緒に!夫婦や家族で楽しく撮ろう♪

せっかくなのでぜひご家族と一緒に撮ってみましょう。

旦那さんとは手をつないだり、額をコツンと合わせるポーズなど。

上の子はお腹にタッチしたり、チュッとしたり。

きっといい思い出になりますよ^^

 

ロケーションにもこだわってみましょう。

海や芝生、森など自然の中で撮るときれいです。

 

その場合は早朝など、人が少ない時間を選ぶのがよいでしょう。

 

芸能人のマタニティフォトを参考に

やはり芸能人の写真はいつの時代も注目の的^^

日本でも、海外でも、SNSなど通じて気軽にアップされることが増えました。

 

こちらはインスタにアップされた第三子を妊娠中のhitomiさん↓

日常の写真ですがロングドレスをきれいに着てますね♡

妊娠9カ月〜今日で、いよいよ産休かな。。。#妊娠9カ月#産休

hitomiさん(@hitomi_official)が投稿した写真 –

 

そしてエビちゃんこと蛯原友里さん↓

デニムのナチュラル感も素敵!

あの頃の私。 #マタニティ#幸せ#baby #maternity#photo#mysterious

YURI_EBIHARAさん(@yuri_ebihara)が投稿した写真 –

 

こちらはバドミントン元日本代表の潮田玲子さん↓

花かんむり&サッシュベルトの王道スタイルですが、ラブリーになり過ぎずきれいにまとめています。

マタニティーフォト♡② #サッシュベルト#マタニティー#記念写真

reikoshiotaさん(@reikoshiota)が投稿した写真 –

 


3. マタニティフォトをおしゃれにする衣装えらび

衣装もどうしようか悩むところですが、手持ちのものでもおしゃれに撮ることができますよ。

 

基本はシンプル

手持ちの下着や普段着で、シンプルなものがあればぜひ使ってみましょう。

キャラクターものや柄が派手すぎるものは避け、モノトーンの下着やインナー、ゆったりめのニットやシャツなどおすすめ。

お肌を隠し過ぎるとやぼったくなるので注意!

 

これはモデルの荻原桃子さんのインスタ↓

身に着けているものはシンプルですが、ヘアスタイル・靴・リップがワンポイントになってとてもおしゃれ。

臨月🌟 photo by @mayuk2012 @asamikotake #臨月 #36w #maternity #matenityphoto #マタニティフォト

Momoko Ogiharaさん(@momokoogihara)が投稿した写真 –

 

手作り小物をうまく使って

小物はちょこっとあるだけでグッとそれっぽい雰囲気になりますよ。

『マタニティサッシュベルト』はリボンやお花でデコレーションされたベルトをお腹に巻くもので、手作りもできます。

ネットでも買えますがラブリーなデザインが多いので、、

 

その雰囲気が苦手な方は手芸やさんでリボンを買って巻くだけでもいいと思います。

太いのを1本巻くのでも、細めの同系色を色違いで何本か巻くのもおしゃれ☆

 

お花や花かんむりを使ってもよいですね。

かわいい雰囲気がお好きな妊婦さんは、花かんむりとロングスカートでかわいく。

大人っぽいのが好きな人は、グリーン多めで抑え目カラーの花束を持ってみたり。

季節のお花で、赤ちゃんの誕生月を表現してもいいですね^^

 


4. 東京にあるおすすめのマタニティフォトスタジオ「HAPPY BIRTH PHOTO(ハッピーバースフォト)」を直撃☆

セルフで撮るのも手軽でよいですが、やはりプロにお任せする本格的な写真は、仕上がりが全然違います!

また、撮影自体もとっても貴重で楽しい経験になりますよ^^

…とは言っても撮影のイメージは湧きにくいもの。

ということで、今回特別にクチコミで人気上昇中の東京にあるマタニティフォトスタジオさんにご協力いただき、

気になるあれこれ、たくさん伺ってきました♪

 

 

お邪魔したのは、渋谷区代々木にあります

HAPPY BIRTH PHOTO(ハッピーバースフォト)』(以下、HBP)さん。

スタジオのある「村田マンション」は、たくさんのクリエイターやアーティストが店舗・事務所を構える、知る人ぞ知る建物なんですよ^^雰囲気があっていい感じ!

 

スタジオはとっても広々、爽やか〜

そしてこちら、なんと言ってもセンスの良さがピカイチ!

諸々のシステムも良心的で、初めてマタニティフォトをお考えの人にも安心です。

しかもスタッフはフォトグラファー含め全員女性!

細やかな気配りが心地よい、女性のためのフォトスタジオです^^

 

しまい込んではもったいない!飾りたくなる写真をー

ひと目見ておわかりいただけると思いますが、お写真はどれもシンプル!

かつ洗練されていて、とってもおしゃれ!

 

衣装や小物・背景などもスッキリで、ゴテゴテと余計なものは一切ありません。

シンプルな分、人物の表情や雰囲気がよりダイレクトに伝わってきて、

なんとも美しい~

「せっかくのお写真、しまっていても仕方ないしね」

とニコニコ語ってくれたのは、オーナーでありフォトグラファーの和多田アヤさん。

真っ直ぐな心と、一流のセンスをお持ちのアーティストさんです!

 

「ハウススタジオのような予め家具がそろっている場所や凝った衣装だと、その雰囲気に固定されてしまうんです」とのことで、

あえてシンプルな写真で、気軽にお部屋に飾れるようにしているのだそう。

 

なるほど!

過去に撮った写真はみんな引き出しの奥…という人は多いと思いますし、

いざ久々に出してみたら仰々(ぎょうぎょう)し過ぎて恥ずかしい…!なんてこともありがち^^;

こんなシンプルでセンスの良い写真なら、どんなお部屋でもしっくり来ますね。

HBPさんでは、パネルやフォトブックを作ってくれるオプションも豊富♪

フレームに入れると壁を選んでしまうこともありますが、こんなパネルがお部屋や廊下に飾ってあったら、さりげなくとっても素敵です♡

せっかくお金をかけて撮ってもらうのだから、お気に入りの形で長く愛せる写真がいいですよね。

 

妥協は一切なし!熱きプロ集団

取材を通じていちばん私の印象に残ったのが、皆さん本当にプロ意識が高いなぁ~ということ。

実は写真がシンプルだと、その中で人物の魅力を最大限に引き出すのはとても難しいのだそうです。

光を上手に使って女性らしさを表現したり、

美しく見えるポージングを考えたり…

高い「演出力」が要求されるのです!

 

また、HBPさんではデータを撮影当日に渡してくれますが(なんと素敵な心意気♪)

修正に頼らずその瞬間に最高の写真を撮らないといけないので、

本当に高い技術・経験を持ったフォトグラファーでないとできないのだそうです。

なんと、研修の段階で敢えなくデビューできずに終わる人もいるほど…!

なので皆さん超ハイレベル!

お仕事以外でも作品撮りやアイデア共有など、常にお互い刺激し合っているそうですよ。

何より、皆さん本当に写真が好きなんだなぁ~と感じました。

 

貴重なマタニティフォト、こんな情熱を持ってお仕事されてる方々に撮ってもらえるのは何とも幸せなことですね!

 

全体で1時間半。サクサク進めてくれるのがありがたい

スタジオに入ってから帰るまでの所要時間は1時間半。

最初の15分はカウンセリングで撮りたいイメージをじっくり詰めていき、その後50分が実際の撮影になります。

残りでお着替えや、データをお渡しして終了。

身重な妊婦さんにとって、1時間半でサクサク進めてもらえるのは本当にありがたいですね!

 

どんな写真にするかは、「こんな感じで〜」としっかりイメージをお持ちの方もいれば、

「お任せで〜」という方もいて、それぞれの要望に合わせてポーズや雰囲気など考えてくれるので安心です♪

 

衣装の持ち込みもOK。

もちろんスタジオでも衣装の用意があり、お花や花かんむりもあります^^

お着替えスペースもまた、いい雰囲気!

あらゆるところでセンスの良さがうかがえるので、お写真を任せる側からすると安心ですよね〜

 

ちなみにヘアメイクは同じ建物内に提携美容室があります。

希望する場合はオプションで付けることができますが、実際は希望しない方がほとんどだそうです。

たしかに、、

首から上だけキメキメでも不自然なので、ナチュラルな方が好まれるようです。

 

大胆な肌見せにもチャレンジしてみる?

マタニティフォトといえば気になるのがヌード、お肌の露出ですよね!

皆さんはどうしたいでしょうか?

「恥ずかしくて無理だよ~」

「せっかくだし、チャレンジしてみようかな?」

HBPさんならそのどちらの気持ちも、親身に受け止めてくれますよ^^

もちろん露出度合も自由に決められます。

 

でも個人的にはぜひ、大胆な肌見せにもチャレンジしてみてほしい!

だってこんな技術・心配りともにバッチリで、女性オンリーのスタジオで「美しい作品」に仕上げてもらえるなんて、素敵じゃないですか〜!

産後は体型も変わるし、、

「今、この瞬間の姿」を残しておくのって、後々撮っておいてよかった〜ってなると思うんです。

まるで芸能人のお写真のようですが、実はサンプルはすべて一般の方のもの!

お客さまにお見せすると、

「これはモデルだから、、」と皆さんおっしゃるそうです。

そしてモデルでないと知ってビックリするそうです!(笑)

「私のは一体どんな風になるんだろう〜?」と、ワクワクしちゃいますね^^

 

女性ならではの曲線美や、お腹の赤ちゃんとの神秘的な雰囲気がダイレクトに伝わるのもヌードの魅力ではないかと思います。

迷っていたけど撮影中に気分が乗ってチャレンジする方もいらっしゃるそうですよ。

親身に聞いてくれるので、カウンセリングでぜひ相談してみてくださいね^^

 

撮影はリラックスモードで、「撮られる自分」を楽しもう♪

そしていざ撮影!

「一体何をどうすればいいの?」とドキドキしますよね。

でもご安心ください^^

HBPさんでは「雰囲気づくり」をとても大切に考えてくれるんです。

通常マタニティフォトの撮影は、フォトグラファーとコーディネーターの2人体制で行われます。

このコーディネーターという役割も、とても大事で…

具体的には、カウンセリングで写真のイメージを一緒に考えたり、

撮影中もより良い写真になるよう細かなことを手伝ったり、

ドキドキ緊張している妊婦さんをやさしく、そして心強くサポートしてくれます^^

もちろん最初は皆さん緊張するそうですが、みんなでお話ししながら和気あいあい、とっても楽しく進んでいくそうですよ♪

「『撮られる自分』を楽しんでもらい、とにかく喜んでいただけたらうれしいです」と和多田さんがおっしゃる通り、

お客さまからは

「すごく楽しかった!」

「みんな女性で安心できた」

「ポージング指導がとても丁寧だった!」

といったお声が多数。

 

そんなこともあり、2人目のマタニティフォトや家族写真を撮りに、その後もお子さま連れで来てくれるリピーターさんが、今では全体の半分を占めるそうです!

「お子さんを連れて再び来てくださると、もう親戚のような気持ちでうれしくなります!」と語るのは、コーディネーターの伊藤桂子さん。

天使のようなやさしさと頼もしい雰囲気を併せ持つ、美人コーディネーターさんです♡

 

慣れない撮影、最初はドキドキすると思いますが心強いサポートに身を任せ、

ぜひ『撮られる自分』を楽しんでみてくださいね^^

 

データは当日渡し! 良心的なシステムいろいろ

先ほども少し触れましたが、HBPさんではなんと、80〜100枚のデータを当日に渡してくれます!

これはお渡しの枚数なので、撮影時のシャッターはもっとたくさん切って、その中から選りすぐりのものをいただけるんですよ^^

しかも、かわいいケース入り♡

 

そして気になるお値段は¥34000+税。

実はこのクオリティとサービスでこのお値段はとってもお得!

 

撮影後3ヶ月以内なら割引もありますし、オプションのパネルやフォトブックなども豊富なので

『日常で写真を楽しむ』のに、すごく親身だなぁと思います^^

 

取材を終えて

写真って完成した写真そのものだけでなく、撮影という体験も含めて「写真」なんだな~と痛感ました!

マタニティフォトは一生のうちにそう何度もあることではない、貴重な機会。

だからこそ気持ちをしっかり受け止めてくれる所にお願いしたいですよね。

HBPさんなら情熱やこだわりを持って、きっと素敵な作品に仕上げてくれるはず!

皆さんが、心に残る楽しい「マタニティフォト体験」できますように☆

 

HAPPY BIRTH PHOTO(ハッピーバースフォト)

渋谷区代々木4-28-8 村田マンション502

TEL 03-6276-3644

月曜定休

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://soyo-soyo.jp/4675/trackback

PAGE TOP