アロマの代表ラベンダー☆種類や花言葉まで、奥深い魅力を一挙ご紹介

 

アロマセラピーと言えばの「ラベンダー」

あの何とも言えないやさしい香りが心身を深く落ち着けてくれます。

ヨーロッパでは古代から人々の生活に欠かせない薬草として長く親しまれてきました。

その用途は本当に広くて、まさに万能ハーブ!

今回はそんなラベンダーの魅力を一挙にお届けします♪

 

目次:

  1. ラベンダーの語源、花言葉
  2. ラベンダーの種類いろいろ
  3. 万能精油!ラベンダーの効能
  4. 便利で簡単♪ラベンダー精油の使い方
  5. ハーブティーで飲んでも美味しいラベンダー
  6. まとめ

 


1.ラベンダーの語源、花言葉

image

語源は「洗う」

ラベンダーは地中海原産のシソ科の植物。初夏になると茎の先端に薄むらさき色の花穂を付けます。

ラベンダー(lavender)の名前の由来は、「洗う」を意味するラテン語の「lavare」と言われています。

昔からラベンダーの優れた効能は人々の生活になじみ深く、ローマ時代にはお風呂や洗濯の際にラベンダーを一緒に入れて洗っていたそうです。

また、ラベンダーには殺菌作用もあるため傷口の洗浄・消毒にも重宝され、このようなことから「洗う」が語源になったようです。

昔から生活密着ハーブだったんですね!何とも興味深い^^

 

繊細なイメージの花言葉

そんなラベンダーの花言葉は「沈黙・静寂」「疑い」「期待」「清潔」「あなたを待っています」etc…

lavender-881361_640

 

◇リラックス効果から来る穏やかな沈黙と静けさ

◇心も体も浄化してくれるようなサッパリとした清潔感

◇薄むらさき色から連想される繊細・内気でちょっぴり切ない恋心

…などなど、ラベンダーの色や香りから勝手な妄想がふくらみます、、

 

abbaye-de-senanque-1469768_640

みなさんはラベンダーのお花にどんなイメージを持ちますか?^^

余談ですが私はまだちゃんとしたラベンダー畑を見たことがありません。いつか必ずプロヴァンスを訪れたいと思っています!

 


2.ラベンダーの種類いろいろ

lavender-1415289_640

一口にラベンダーと言っても実は大変多くの品種があり、育つ標高によっても含有成分が変わります。

そのため精油にも色んな種類があります。ここでは代表的なものをご紹介します。

 

①真正ラベンダー

学名:lavandula vera(「本当の」という意味)、lavandula angustifolia(「細い葉の」という意味)、lavandula officinalis(「薬用の」という意味)

最もポピュラーなラベンダーで、イングリッシュラベンダーとも呼ばれます。標高の高い所で育ち、リラックス効果も高く甘くてやさしい香りです。

 

こぼれ話:標高の高さが価値を決める理由と、「オーガニック」の盲点

pexels-photo-27403

さっきから標高の高さに触れるのはなぜかと言うと、「酢酸リナリル」という成分の含有量に標高が大きく影響するからなのです。

酢酸リナリルはラベンダーの他にベルガモット、ネロリ、クラリセージなどにも含まれていて、リラックスをもたらす成分。

一般的に標高が高い所(=寒冷地)で採れたラベンダーほど酢酸リナリルを多く含み、香りも深みがあって甘く豊かなためラベンダー精油としての価値が上がります。

ラベンダーの産地として有名な富良野もこのような環境のため、高品質のラベンダーが栽培できるのです。

 

ただ、(以下でご紹介するような)標高が低い所で採れたラベンダーの品質が悪いかというとそんなことはありません!

これらはまた用途が変わって来るので、リラックス以外の目的に対してちゃんと効果を発揮してくれます。

 

何より、きちんとした栽培環境で丁寧に蒸留されたものなら成分のバランスが取れており、それぞれ雑味のない香りが嗅覚に訴えかけてくるはずです。

また最近はオーガニック製品が巷にあふれていますが、

「オーガニックは、そうでないものと比べて絶対的に優れている」と思ってしまうことにも注意が必要です。

これは精油だけでなく野菜でもお米でも何でも言える話ですが、

「オーガニック」か否かで商品価値を決めてしまう人も実際多いのではないでしょうか…?

 

もちろん認証が付いているからにはその栽培方法が嘘というわけではなく、ちゃんとルールに則って栽培されているわけですが…

その背景には「オーガニックブーム」があり、「企業がオーガニックを謳って製品を高く売るために、有機栽培して認証を受ける」という流れがあるのも事実です。

 

するとこの流れの中で、

「何のこだわりもなく、ただ認証を受けるために決められたルールで有機栽培をしたもの」も出てくるわけです。

 

一方で

「完全な有機栽培ではないけれど、こだわりを持って丁寧に育てられたもの」も存在します。

 

どちらが高品質かは、想像がつくはず。

でもこれらが製品として店頭に並んだときには、

『オーガニックの認証があるか、ないか』

で振り分けられてしまいがち。。

 

つまり、「オーガニック」と、「高品質」はまた別問題なのです!

 

何だか頑固オヤジみたいになってますが…汗

判断基準を認証だけに頼ることなく、

ぜひ感覚を研ぎ澄ませて、本当に良いものを見抜いて欲しいと心から願っています。

 

②ラバンジン、ラベンダースーパー

これは真正ラベンダーとスパイクラベンダーのハーフ。つまり交雑種です。

学名は「lavandula hybrida」、まさにラベンダーのハイブリッド種!

固まった筋肉を緩めてくれる「カンファー」や、抗炎症作用が風邪に効果的な「1.8シネオール」など、リラックスの成分と併せて色んな薬効成分をバランス良く含んでいるのが特徴です。

香りも真正ラベンダーに比べてスッキリ。そよそよのお客様にも、「真正ラベンダーは甘くて苦手だけどラバンジンは好き」という方がちらほらいらっしゃいます。

 

③スパイクラベンダー、ラベンダースピカ

学名:lavandula spica

こちらはさらにスッキリとした香り。リラックスの成分が少なくなった分、薬用っぽい成分が多くなっています。

この次にご紹介するストエカスまではいかないものの、神経毒性のある「ケトン類」という成分を含みます。

ケトン類は長時間ないしは常用的に使うと、腎臓や肝臓、他あらゆる神経系に悪影響を及ぼすことがあるたので注意が必要です。

ただ、抗ウイルス作用(風邪のときなど有効)・脂肪を溶かす作用(ダイエットに最適)・瘢痕形成作用(傷を治してくれる)など良い面もあるので、使い方に気を付ければ心強い味方となってくれるでしょう。

 

④ラベンダーストエカス

学名:lavandula stoechas

先述したようにケトン類を一番多く含む種類です。香りもいわゆるラベンダーの香りとはかなり違います。別名フレンチラベンダー。

ダイエットのお伴として過剰使用を避けて用いる分には効果的ですが、やはり玄人向けのメディカルアロマのイメージが強い精油だなぁと個人的には思います。

 

pexels-photo (4)

気分や症状によって、色んなラベンダーを使い分けてみるのも楽しいですね^^

ラベンダー苦手という人も、本当に品質の良いラベンダーを嗅いだら好きになるかも!?

ウニが苦手な人も、高級ウニなら食べられるのと同じ原理で、、

 

それにしてもなんでどのラベンダーも「ス」が付くのでしょう!?

まったくややこしいったらありません。

 


3.万能精油!ラベンダーの効能

image

ラベンダーの最大の魅力はその用途の広さと言っても過言ではありません!

フランスの化学者 ルネ=モーリス・ガットフォセさんが実験中に手に火傷を負い、その手当てにラベンダーの精油を使った話は有名です。

火傷はみるみる治り跡も残らなかったそうで、彼はこれを元に「アロマセラピー(芳香療法)」という言葉を作り同名の著書を出版。その後のアロマセラピーの発展に大きな影響を与えました。

 

精油は単に香りを楽しむだけでなく、その薬理効果を生活に取り入れてこそ真の価値が発揮されます。

ではラベンダーの様々な効能を見ていきましょう^^

 

心へのはたらき

pexels-photo-112324

◇精神を浄化し、穏やかな気持ちにしてくれます。【不眠・イライラ・ストレス・躁鬱 etc…】

 

体へのはたらき

landscape-animal-mountain-top

筋肉

◇鎮痛・鎮痙作用が痛みをやわらげてくれます。【肩こり・腰痛・筋肉痛・頭痛・寝違え・リウマチ etc…】

呼吸器

◇殺菌消毒・抗ウイルス作用があります。【咳・鼻水・気管支炎・免疫力アップ etc…】

消化器

◇鎮静作用が胃腸の働きを高めます。【胃のムカムカ・吐き気・食欲不振・お腹のハリ etc…】

循環器

循環器系を穏やかに鎮めます。【高血圧・頻脈・動悸 etc…】

生殖器

◇通経作用・鎮静作用が子宮の働きをサポートします。【少量月経・分娩をスムーズに・月経時や分娩時の痛み緩和】

※妊娠初期は使用を控えましょう。

 

お肌へのはたらき

pexels-photo-38012

◇新しい肌細胞の成長を促し、治癒を高めます。【火傷・日焼け・傷全般・ニキビ・シミ・湿疹 etc…】

◇殺菌作用があります。【水虫・口唇ヘルペス etc…】

 

他にも頭皮を刺激して抜け毛予防をしたり、利尿作用があったりと、生活に密着して使える効能がいっぱい!

一家に1本、そしてお出かけのときもカバンに1本、あると大変便利です♪

 


4.ラベンダーの効果的な使い方

皆さんそろそろ日常にラベンダーを取り入れたくなってきたのでは…?^^

ここでは私がおすすめする、ラベンダー精油の簡単な使い方をご紹介します。

 

うがい薬として

image

風邪の流行る時期にかかせない「うがい」

コップに1滴ラベンダーを垂らしたお水でうがいしてみましょう。くれぐれも飲まないでくださいね!

天然のうがい薬になります。

※品質の良い精油で行いましょう。

※日本では精油の服用はできないので自己責任でお願いします。

 

軽い火傷に原液を付ける

何のひねりもない、おすすめの使い方とか言えるものでもありませんが、、でもおすすめです。笑

実は以前コテを使っていたら左頬に当ててしまい、小さく火傷してしまったことがありました。

当時の写真↓

image

すぐ冷やせば良いものを、「ま、いっか」と放置していたら30分後には赤く腫れていたので、

「これは実験のチャンス!」とラベンダー精油をちょんちょん付けてみたところ…

 

赤みはすぐに引いて、ジュクジュクにもならず落ち着きました!

その後はうっすら茶色くなり、軽~いかさぶたになった後きれいに治癒しました^^

軽い火傷の他にも、擦り傷・切り傷にマキロン代わりに使うのもおすすめです♪

※症状が重い火傷の場合はちゃんと抗生物質を使ったり、お医者さんに診てもらってください。

 

乳液やクリームに1滴

image

毎日使うお手持ちの乳液やクリームなど、仕上げの保湿化粧品に混ぜる方法。

日焼け肌・ニキビ・オイリー肌など、あらゆる肌トラブルに使えます!

 

使い方は簡単。いつものように手に出した乳液にラベンダー精油を1滴垂らすだけ。

ただ化粧品メーカーは絶対に勧めない方法なのでこれまた自己責任になりますが…

香りの強いクリームだとラベンダーの香りとケンカしてしまうので、なるべくシンプルなものの方が良いと思います。

慎重な方は二の腕の裏でパッチテストしてから行ってください。

 

他にも精油の使い方はたくさんあります!

よかったら下記の記事も参考にしてみてください↓

簡単♪自宅ですぐに試せるアロマ活用法でリラックスタイム

 

アロマを使ったお肌ケアではこんな記事もあります↓

つらい日焼け後のかゆみに!アロマを使って早く鎮めるケア方法

 


5.ハーブティーとして飲んでも美味しいラベンダー

私が最近はまっているのがラベンダーのハーブティーです^^

フローラルな香りから連想する味とは違い、スッキリしていて本当に飲みやすい!

私はシングルで飲むことが多いのですが、他のハーブティーとブレンドしてもケンカしません。

 

リラックスしたいときにおすすめ♪ラベンダー入りブレンドハーブティー

image

◇ラベンダー

◇パッションフラワー

◇カモミールジャーマン

◇レモンバーベナ

 

こちらのリラックスブレンドはそよそよでもアフターティーの際にお出ししています^^

特に、忙しくて慢性的にお疲れのお客さまにご好評いただいています。

 

生ラベンダーもぜひお試しあれ

image

以前、お客さまから摘みたてのラベンダーをいただきました^^

 

そのままお湯を注いで「生ラベンダーティー」として飲んでみたところ、とってもフレッシュで美味しかったです!

image

↑山梨出張のお土産にいただいた桃と一緒に、素敵なティータイムでした♡

 

ミントもいただいたことがあるのですが、どちらも「フレッシュなハーブティーって本当に美味しい♡」と大好きになりました。

 

…というわけでいただいたラベンダーの残りを栽培してみることに!

水に挿しておいたら、その内1本から根っこがにょきにょき生えてきて、現在土に植えるのを待機中です。

image

 

ハーブは基本的にとっても強い植物なので、その生命力でどんどん増えて私もいずれは自家栽培の生ラベンダーティーをお客さまにお出しできたらいいなぁ…なんて思っています^^

 


6.まとめ

bourdon-1129539_640

ラベンダーの魅力、いかがでしたか?

すでにメジャー過ぎてあまり大事にされてない気がするラベンダーですが、改めてスポットを当ててみました!

うまく生活に取り入れたら、風邪もひきにくくなって医者いらずになれるかも^^

ぜひ皆さんもラベンダーを暮らしに取り入れて、本来の自然治癒力を高めてみてください♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://soyo-soyo.jp/3579/trackback

PAGE TOP