暑いのに汗が出ない!夏こそホットストーンで代謝を上げて汗をかこう

 

8月に入り、毎日暑い日が続いていますね!

皆さんは暑いときにちゃんと汗をかけていますか?

「なぜか全然汗が出ない…」「これって病気?」

…とお悩みではありませんか?

 

今回は暑いのに汗が出ないとお困りの方へ、その原因や改善法、そして内側からじんわり汗を出すのに最適な「ホットストーン」についてお伝えします!

 

目次:

  1. 汗が出ない原因は生活習慣にあった!病気の可能性は?
  2. 汗が出ないと起こる症状―熱中症やむくみにもつながる!?
  3. 上手に汗をかけるようになるための大事なポイントー2種類の汗の違いを知ろう!
  4. 汗が出ない体質の改善策
  5. ポカポカして代謝アップ!ホットストーンの4つの魅力
  6. まとめ

 


1.汗が出ない原因は生活習慣にあった!病気の可能性は?

girl-388652_640

本来、暑ければ体から出てくる「汗」

「汗が出ない…まさか病気なんじゃ?」と不安になる人もいるかもしれません。

まずは汗をかくメカニズムと原因、病気の可能性について見ていきましょう。

 

そもそも汗の役割ってなんだかご存じですか?

 

それはズバリ「体温を下げること」です。

水分を皮膚表面にある汗腺から放出し、それが気化することで体温を下げる役割をしてくれるのです。

 

つまり、「汗をかいて体温を下げなければいけない環境」が生活の中にほとんどないと、体は「汗を出す必要ないのね」と判断し、やがてはその機能を低下させてしまうのです。

 

汗をかけなくなる身近な原因

具体的な原因は、生活習慣によることがほとんどです。

これらによって体の内側が冷えてしまっていることが考えられます。

特に真夏に起こりやすいことばかり!あなたも当てはまっていませんか?

 

運動不足(長時間座ったまま・立ったまま)

68bfb2a873a46ad3203e1cb5fc8e2761_s

 

冷房が効いている場所に長時間いる

71f6363bb5020c2520ec4c51421c3c99_s

 

お風呂のときは、湯船に入らずシャワーだけ

43c21db935ed20fe640830dda49a21ba_s

 

冷たい食べ物・飲み物をたくさん摂る

alcohol-bar-drinks-party

 

汗をかける体質になるためには、まずこれらの生活習慣を改善するところから始めてみましょう^^

 

生活習慣以外の原因―病気の可能性について

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s

汗が出ない人のほとんどはこれら生活習慣によるものが多いのですが、それ以外でも汗をかけなくなる症状はあります。

 

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)

喉にある「甲状腺」から出るホルモンの分泌が低下して起こる病気。

甲状腺ホルモンは体の代謝を維持するホルモンですが、この分泌量が減ると昼夜問わずの眠気、全身の倦怠感、記憶力の低下などの症状が出ます。

他にもむくみ、脱毛、皮膚の乾燥、低体温などあらゆる症状が出る中で、汗が出なくなることも起こる場合があります。

 

自律神経失調症

緊張感をもって仕事をしているときなどに優位になる「交感神経」と、リラックスしているとき優位になる「副交感神経」

2つのバランスが崩れてめまい、不眠、立ちくらみなど様々な症状が起こります。

その中の1つに「汗をかけなくなる」という症状があります。

自律神経失調症の症状は数えきれないぐらい多いので判別が難しいのですが、「最近ストレスが多い」「生活リズムが極端に乱れている」という方は注意が必要です。

よかったら下記の記事も参照してみてください。

関連記事:めまい、不眠…自律神経失調症に!アロマやハーブティーで効果的にリラックス

 

 


2.汗が出ないと起こる症状―熱中症やむくみにもつながる!?

汗が出なければ服もいつもサラサラで、メイクも崩れないし、このままでいいや〜なんて思う方もいるかもしれませんが、、^^;

実際には、汗が出ないとこんな困ったことが起こり得るのです!

 

熱中症

c22d0e498df95f98a0591f9243f280aa_s

本来なら汗として体の外に出るはずの水分が体内に留まることで、暑い場所に行った際にうまく熱を逃がすことができず、熱中症のリスクが高まります。

汗が出ない人がサウナに行った場合も同じようなことが起こります。

 

むくみ

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

こちらも、水分が汗で出ていかないため体内に留まることでむくみとなってしまいます。

真夏に冷房強めの中にいるとだるくなるのは、こうして体内に溜まったむくみ(水分)が冷えて起こります。

 

冷え性

782a2616eed54df862c857fc619eb46c_s

まさに上記のことですが、皮下に余分に溜まった水分は暑い場所では熱をこもらせ、逆に寒い場所では更に体を冷やす原因となります。

これが慢性化すると冷え性になってしまうのです。重力の関係でむくみが留まりやすい足元は特に冷えやすい部位です。

 

痩せにくくなる

80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s

汗をかけずに水分を溜め込んでいるのは、体内に溜まったものを排出できていない状態。つまり代謝が悪くなっているということです。

代謝が悪いと汗だけでなく体脂肪も含めて「デトックス」しにくい体になってしまうので、痩せにくくなってしまうのです。

 

 


3.上手に汗をかけるようになるための大事なポイントー2種類の汗の違いを知ろう!

8c0c3c9bc67402d585e7570789728314_s

ではどうすればしっかり汗をかけるようになるのでしょうか?

それには大事なポイントがあります。

 

実は汗をかくときには

①体の表面が急激に温められて汗が吹き出す状況(サウナ、熱めのお風呂、真夏の炎天下など)

②低めの温度で内側からゆっくり温められて、じんわりと汗が出る状況

の2種類があります。

 

汗が出ない人はその機能自体が低下してしまっているので、無理に汗を出そうとして①のような状態になると体の表面だけが先に暑くなってしまいます。

すると汗を出すことができないため熱を発散することもできず、内側が温まる前にのぼせてしまうのです!

ひどい場合は2章でお伝えしたように熱中症になってしまう危険もあるので注意が必要です。

 

目指したいのは②の内側からじんわり汗が出る状況。

これなら汗をかく機能が低下している人にも負荷をかけずに内側からゆっくり温めて、やがては自然に汗をかく機能を取り戻すことができます^^

 

つまり、汗をかけない人が上手に汗をかけるようになるポイントは

『ゆっくり・じんわり内側から体を温めること』なのです♨︎

 

 


4.汗が出ない体質の改善策

『ゆっくり・じんわり体を温めて、汗をかく』ための具体的な方法には、下記のようなものがあります。

 

半身浴

pexels-photo-105934

38~40℃の少しぬるめのお湯をはった浴槽にみぞおち辺りまで浸かる温浴法。

途中でお湯が冷めないよう温度をキープしながら20~30分。

浸かっていない部位が冷めないよう、肩にタオルなどかけることを忘れずに。

 

岩盤浴

岩盤浴

温めた石の上に横になり、じんわり汗をかくという低温サウナの一種。

天然石や溶岩を使ったものもあり、石によって遠赤外線効果やマイナスイオンの効果が得られるため、体が芯から温まりデトックス効果も期待できます。

 

ホットストーン

_J7A1875

温めた天然の石を体の上にほどよい圧で押し滑らせながら行うオイルマッサージの1つ。

セラピストによってやり方も様々ですが、石の遠赤外線効果で体がぽかぽか温まり心身両面から疲れがほぐれる、ヒーリング効果の高いセラピーです。

 


5.体がじんわり温まって代謝アップ!ホットストーンの4つの魅力

image

半身浴と岩盤浴を体験したことある方はけっこう多いと思いますが、ホットストーンはまだの方も多いのではないでしょうか…?

ホットストーンは体を芯から温めるのに加えて、石の持つエネルギーや心地よいマッサージで心身ともに深くリラックスできるのが魅力です^^

ここでは代謝を上げて汗をかけるようになる方法の1つとして、SoyoSoyoのホットストーンをご紹介させていただきます。

 

①癒しの聖地アリゾナで採れた溶岩を使います

sedona-351683_640

ホットストーンの施術に使う石はもちろん天然。

太古の昔、火山から噴き出したマグマが固まってできた「玄武岩」という溶岩石を使います。

採掘されたのは、癒しの聖地として知られるアメリカのアリゾナ州。

昔から先住民も儀式の際に溶岩石を使っていたと言われています。

ちなみに今なお生きている火山がある土地としてハワイが有名ですが、こちらでも先住民の時代からストーンを使った施術がありました。

昔の人も、石の持つヒーリングパワーをちゃんと知っていたのですね^^

 

②石の持つ遠赤外線効果で内側からポカポカに

200f7a99ce8005bcfdd92ecc2d203eed_s

遠赤外線とは電磁波という光線の一種で、地球上のすべての物質から多かれ少なかれ出ています。

電磁波は波長の違いによって、放射線や紫外線など体に害を及ぼすものと、遠赤外線のように非常に体に有益なものに分かれます。

お天気の良い日に日向ぼっこしているとポカポカしてくるのも、炭火でじっくり焼いたお魚がふっくら焼きあがるのも、遠赤外線効果によるもの。

直接細胞を焼いてしまうような強い光線ではなく、その熱の放射によって穏やかに対象物を温めてくれるやわらかい光線なのです。

温めた火山岩からは遠赤外線がたくさん放射されます。

冷房や冷たい飲み物で冷えて代謝が悪くなった体を内側からじんわり温めて、穏やかに汗をかける体へ導きます。

 

③100%天然のアロマオイルの相乗効果で癒し効果抜群

image

 

マッサージのときには天然の精油を使用。香りはその日のご気分・ご体調をお伺いして、お好きなものを4種類ブレンドできます。

日によっても好みが変わるのがアロマのおもしろいところ。

優しい香りが心や体の不調を和らげてくれます。

 

④石だけでなく手も使ったマッサージで、さらに血行促進!

_J7A2018

そよそよのホットストーンマッサージは石だけでなく手もちゃんと使って、温めながらもみほぐします。

コリやむくみもほぐれて血行促進!

遠赤外線効果との相乗効果で代謝アップを促し、汗をかける体質へ。

 

ホットストーンを受けたお客さまのご感想

_J7A156115

◆冷え性が気になっていたけれど、お風呂に入ったみたいに体がポカポカになった。

◆熱めの石で循環が良くなり、むくみがスッキリした。

◆丸くてツルツルで不思議な感覚。心からリラックスして眠ってしまった。

◆マッサージ後に汗をかいたのは初めて!代謝が上がった気がする。

◆カチカチという石の音が心地よくて癒された。

 

SoyoSoyoのホットストーンアロマボディ

 

 


5.まとめ

青い空と女性

以上、暑いのに上手に汗をかけない方へ、汗をかくポイントやおすすめ改善策についてお伝えしました。

便利な世の中になるのはいいことですが、本来自分の体に備わった体温調節機能がはたらかなくなるのは困ったものですね。

この記事が皆さんの本来の機能を取り戻すきっかけになれば嬉しいです☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://soyo-soyo.jp/3399/trackback

PAGE TOP