眠りたいのに眠れない!身近な方法で、焦らず妊娠後期の不眠をやわらげましょう

 

「最近夜眠れないな…」

「夜中に何度も起きちゃってぐっすり熟睡できない…」

こんな症状でお困りではありませんか?

 

妊娠後期はさまざまな理由で眠りが浅くなりがち。

眠れない日が続くと「赤ちゃんに影響があるんじゃ…」なんて不安が浮かぶこともありますよね。

でも、大丈夫です!

 

今回は、なぜ眠れないのか?その「原因」から、不眠による赤ちゃんへの「影響」、

簡単にぐっすり眠るための「対策」まで、くわしくお伝えします☆

一番大切なのは「〇〇〇ない」ことなんですよ^^

 

目次:

  1. なんで眠れないの?妊娠後期の不眠の原因はこんなにたくさん!
  2. 不眠による赤ちゃんへの影響はあるの?
  3. 簡単♪ぐっすり眠るコツ・不眠対策
  4. 眠れなくても大丈夫!覚えておきたい大事なこと
  5. まとめ

 


1. なんで眠れないの?妊娠後期の不眠の原因はこんなにたくさん!

 

「妊娠初期はあんなにウトウトいつでも眠くて困ってたのに…、後期になったら逆に眠れなくなってしまった!」

こんな妊婦さん、たくさんいると思います。

 

眠れないと何だか不安になったりしますよね。

でも、妊娠後期の不眠の原因って実はたくさんあって、むしろ眠れなくなるのは自然なことなんです。

理由を知って納得すれば「まぁ、大丈夫か…」とちょっと安心できるかも?

 

理由その1:産後の生活リズムに体が備えているため

 

出産が近づいてくると、ママの体は産後の子育てに向けて調整を始めます。

実はこれもホルモンの影響です。

妊娠~産後は、体も心もホルモンに支配されていると言っても過言ではありません!

逆に言えば、自然の摂理にちゃんと従っているということ^^

 

授乳・おむつ替え・抱っこなどなど…、産後のママは大忙し!

夜中でも赤ちゃんが泣いたらすぐに起きなくてはなりません。

数時間置きに起こされるので、ゆっくり眠っている時間はなかなか持てなくなります。

 

そんな生活リズムが突然訪れたのではママへの負担が大きすぎる!…ということで、

ホルモンがきちんと働き、妊娠中からそのリズムに備え始めるのです^^

「産後の練習期間が始まった」と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

理由その2:膀胱圧迫でトイレが近くなるため

b6cdbcf963eb56b48decbfcfdc1624ef_s

お腹が大きくなると子宮が膀胱を圧迫して、トイレが近くなります。

赤ちゃんの位置や体勢にもよりますが、この時期になると頻尿・尿漏れが気になり始める妊婦さんは少なくありません。

 

以前マタニティマッサージに来てくださっていた妊婦さんで、逆子の赤ちゃんのママがいらっしゃいました。

逆子の場合は足が膀胱の方に向いているので、『膀胱キック』される度に「ひぇ~!」となっていたそうです…

 

個人差もありますが、寝ているときの膀胱圧迫はどうしても眠りの妨げになってしまうもの。

しょっちゅうトイレの夢を見そうですね…^^;

 

理由その3:赤ちゃんキックや、大きなお腹で寝返りがうてないなど

b6e2419715b229846b75347dab5495c0_s

大きなお腹を抱えての睡眠は、それだけでもかなりの負担があります。

 

まず、後期になるとほとんどの妊婦さんは仰向けができなくなります。仰向けになるとお腹の皮膚が引きつれたり、重くて苦しいからです。

そのため寝るときは横向き。大きなお腹では寝返りをうつのも一苦労で、なかなか思うような体勢でぐっすり…というのが難しいようです。

 

また、赤ちゃんがキックしてきた衝撃で起きてしまう方も少なくありません。

元気に育っているのがわかって嬉しい反面、あんまりボスボス蹴られるとゆっくりは眠れませんね…^^;

 

理由その4:足がつる・こむら返り

475858

足がつって、その痛みで起きてしまうケースもあります。

お腹が大きくなると太ももの付け根が圧迫されるので足全体の血液・リンパ液の循環が悪くなり、その結果足がつってしまう妊婦さんが多いようです。

気持ちよく寝ているのに突然あの激痛に起こされたら溜まったもんじゃありません!

 

これについては、ストレッチやマッサージの対策など詳しく書いた記事があるのでよかったら読んでみてください。

 

関連記事:ピキッと足がつる妊婦さんに!付け根をゆるめて痛みとサヨナラ☆

 


2. 不眠による赤ちゃんへの影響はあるの?

baby-784609_640

ママが眠れないこと自体の赤ちゃんへの影響は、ないと言われています。ご安心を^^

 

ただ、「眠れない!」「どうしよう…」と思う焦りや不安が「ストレス」として影響することは多少はあるようです。

 

ストレスを受けるとアドレナリンなどホルモンの影響で、脳や心臓に血液を優先的に送ります。

すると、子宮などの後回しになった臓器は一時的に血流量が少なくなってしまい、赤ちゃんに充分な栄養が回らなくなってしまうことがあるそうです。

実際に、ストレスホルモンが長く出続けると胎動や心拍が減るというデータもあるそうな…

 

別に脅かすわけではありません^^;

「あまり不眠を思いつめすぎると、ストレスが悪影響になるんだな~」ぐらいに覚えておいてもらえたらと思います。

 


3. 簡単♪ぐっすり眠るコツ・不眠対策

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

最初にもお伝えした通り、産後の準備に入ったこともあるのでそこまで神経質になる必要はありませんが、それでもやはり落ち着いて眠りたいものですよね。

下記に対策を挙げてみました。どれもささいなことですが、意外とそんなのでも効果的だったりします。

 

寝る前1時間は水分を摂らない

 

膀胱圧迫の対策です。出るものがなければ押されてもそんなに気になりません。

 

自分好みのクッションをうまく使う

pillows-1090466_640

後期だと既にクッションを使っている方も多いかと思いますが、「自分の一番楽な体勢に合った、質感も含めて好みのクッション」をうまく使いましょう。

腰にあてたり、足の間に挟んだり…

大きめの抱き枕もおすすめです。

クッションがあることで自分の体に意識が向きにくくなって眠れる、なんて効果もありますよ。

 

アロマオイル(精油)を使ってみる

9f97814082657d96773cbd984fb9512d_s

柑橘系の香り(オレンジ、グレープフルーツetc…)ならいつ嗅いでも抵抗なく受け入れられるという人が多いのでおすすめです。

既にいくつかお気に入りの精油をお持ちの方は、その日の気分で香りを変えたり、ブレンドしたりするのも良いですね^^

 

使い方は色々ありますが、いちばん簡単で後始末も楽チンなのが「ティッシュを使う方法」です!

ただティッシュに数滴垂らして枕元に置いておくだけ♪

ふわふわ優しく香って、心が落ち着きますよ^^

 

他にも色んな使い方があります。

関連記事:簡単♪自宅ですぐに試せるアロマ活用法でリラックスタイム

 

呼吸に集中

e5b59696f1c441e3a20529ac1ae240e3_s

眠れないと色々考えてしまいがちです。

そんなときは自分の呼吸に集中してみましょう。

肺はがいっぱいになるまで吸って―

もう吐ききれないというところまで吐いて―

 

そして眼を閉じたときの視線は眉間の内側、やや上の方に向けて集中。

光みたいのが見える人もいると思います。

 

ちょっと変わった方法ですが、これを一生懸命やっていると他の考え事に意識が行かなくなって気付いたら眠くなってる…なんてことが期待できます。

 

マタニティマッサージ

 

これは他のと比べてちょっと大きな対策ではありますが、その分効果も大きいと思います^^

マタニティマッサージをお受けになった妊婦さんからは

「マッサージを受けた日は驚くほどぐっすり眠れた!」

「気持ちよくて施術中も爆睡してしまった」

とのご感想をいただくことも多く、普段の状態とは違った深いリラックスを体感していただいています。

 

そよそよのマタニティマッサージは、妊婦さんでも安心の100%天然アロマオイルを使い、お腹の大きさやご体調に合わせてオーダーメイドの施術をさせていただきます。

ぜひ一度体験してみてください☆

 

マタニティマッサージのご案内

 


3. 眠れなくても大丈夫!覚えておきたい大事なこと

pregnant-775028_640

大切なこと、それは「焦らないこと」です。

何度も言いますが、妊娠後期の不眠は産後の準備に入ったという「自然なこと」なのです。

 

妊婦さん(とくに初産の方)は、今までになかった症状が次々あらわれて大変な中、自分ひとりで悩み、解決しようとがんばりがちです。

あなたが眠れなくて悩んでいる今も、同じように眠れない妊婦さんがきっとたくさんいますよ。

そう考えるだけでも、ちょっと気が楽になりませんか?

 

また、眼を閉じて横になっているだけでも身体は休めています。

それでも心が落ち着かないのなら、もう開き直って読書や塗り絵で深夜を楽しむのも案外よいかもしれません。

だって産後しばらくはそんなことゆっくりできなくなるのですから^^;

 

とにかく、焦らなくても大丈夫☆

眠れないことを一旦受け入れてしまいましょう!

 


5. まとめ

moon-65957_640

以上、妊娠後期の不眠についてお伝えしました。

 

妊娠中はホルモンの影響もあって、症状を単純に解決できないこともしばしばあると思います。

そんなときに物理的なアプローチでも、意識的なコントロールでも、自分に合った逃げ道・対策を知っておくことはとても重要です。

 

「ラベンダーの香りを嗅いだら私は眠れる」とか

「100回意識して呼吸したら眠れる」とか

はたまた、「夜中に風呂そうじしたら眠れる!」なんていうのも、

この記事をヒントに色々広げて、「私はこれをすれば眠りやすいんだ!」という自分だけの眠れるポイントを見つけてもらえたらうれしいです^^

皆さんそれぞれのよい夜を…☆°˖✧˖°

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://soyo-soyo.jp/3289/trackback

PAGE TOP