脂性肌は体質改善で変わる!私が試した10日間の食事療法

 

お肌の悩みはいろいろありますが、私が10年以上悩まされてきた一番の肌トラブルが「脂性肌」です。

今まで色んな原因を考え、対策をしてきましたが、一向に治らなかった脂性肌。

それが食事を変えたらパッタリと皮脂が止まり、他の肌トラブルまで一緒に治って今ではファンデーションを使わないほどになりました^^

さまざまな対策をしてみても解決しなかった方は、もしかしたら食事を変えたら治るかも…?

今回は私の体験談を踏まえて食事療法による脂性肌の改善法をお伝えします☆

 

 

目次:

  1. 脂性肌・オイリー肌になってしまう原因は?
  2. 体質改善のためには毎日の食事を見直すことが大切
  3. 食事療法で体質が改善したことを感じるまでの期間は?
  4. 体質改善でオイリー肌のこんなところが変わった
  5. まとめ

 


1.脂性肌・オイリー肌になってしまう原因は?

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_s

脂性肌の人がその原因として一番に疑うのが「インナードライ」ではないでしょうか?

一見オイリーでも、実は肌の奥はとても乾燥していて、それを防ぐために皮脂が過剰に出てしまうというものです。

また、ストレスや過度の疲れが原因で「男性ホルモン」が増えて、その結果皮脂の量が増えるというのもあります。

もしこれらが真の原因なら、その原因を取り除くのにそんなに時間はかからないはず。

インナードライには保湿を、ストレスにはお休みを取ってゆったりすればよいのです。

 

でもこれらの対策で治らなかったら、原因は「脂質やお砂糖の取り過ぎ」にあるかもしれません。

「毎日揚げ物やケーキを食べてるわけじゃないし、そんなに脂質摂ってないよ?」と思うかもしれませんが、

見た目にわかりやすい脂質ではなくても、現代人の食事では多かれ少なかれ毎日何かしらの動物性食物やお砂糖を摂りがちです。

そういった場合は、徹底して食事を見直し根本から体質改善することが必要になってきます。

私も、食事療法中は食べられないものがとても多くて、今までどれだけ脂性肌の原因となるものを毎日摂っていたか知り驚きました。

 


2.体質改善のためには毎日の食事を見直すことが大切

image

人の細胞は日々摂取する食物から作られます。

感情や環境など他にも影響を与える要素はあるものの、実質的に細胞を作るのはやはり食物。

どんな高価な基礎化粧品より、食事がお肌に与える影響の方が大きいと私は思っています。

 

基本は粗食生活

32369f536ce176e5f0eae292c9443eaa_s

私が行った食事療法はいわゆる「粗食」です。これを一定期間、厳し目に行います。

この粗食を行う表面上の目的は「脂質や砂糖を抜いて脂性肌を改善すること」です。

でも、実はその先には真の目的があります。

それは「今の自分に必要・不必要なものは何か?」を自分で判断できるようになること、

つまり「感覚をクリアにすること」です。

 

常に自分の感覚がクリアなら、食事療法を終えた後も

「最近くすみが溜まってきたから、3日間は粗食生活に戻してデトックス期間にしようかな」とか、

「ずっとお肉を食べなさ過ぎて元気がでないから、今日はお肉食べよう!」といった具合に、

お肌はもちろん体全体の「声」を聞きながら、自分で健康コントロールができるようになるのです!

 

なのでこの粗食は一定期間行って終わりではなく、その後も「基点」として長く使ってください。

色んな食事法があるので、感覚がクリアになったら人それぞれ、またそのときの状態によって自分に合った食事法を見つけるのもよいと思います。

粗食を続けていると体の精度が上がり、週2~3日程度なら脂質やお砂糖など好きなものを食べても、あまり影響を受けずに処理できるようになってきます。

 

下記の粗食はシンプルでわかりやすく、制限の中でもちゃんと栄養が摂れるのでおすすめです。

 

パンよりもお米を食べましょう!ベストは酵素玄米

443b6734b4184f1478b03818af48479f_s

主食は基本的にお米(飽きたときはおそばでも良いです)。

いちばんのおすすめは酵素玄米。

「玄米・小豆・塩」を炊いて3日間保温して寝かせたごはんのことで、

体本来の機能を高めてくれる上、モッチモチでとてもおいしいんです^^

やってみると意外と簡単です!

関連記事:やってみたらとっても簡単!驚くほどおいしい酵素玄米の炊き方完全ガイド

 

でもこれが無理な方は、普通の玄米でも良いです。

玄米には放射能を排出するはたらきもあるぐらいデトックス効果のある食べ物。

私は玄米だけだと強すぎると感じたので、最初は白米100%からスタートしました。

その後は、玄米:白米=2:1でブレンドし、小豆をひとつかみと、塩大さじ1を入れて炊いたものを食べていましたが、それでも充分効果はあります。

 

とにかく主食には小麦でなくお米を食べてください!

そしてダイエット中の方も、炭水化物は太ると言って抜くのはやめてください。

(もっともこの食事療法をするとすぐに2キロほど体重が減ってしまいますが…)

 

お米は食物繊維も豊富ですし、たくさん噛むのもよい刺激になりますよ^^

 

陽性の野菜をたっぷり食べましょう

5f969690a93ecfbfa4fa7d323df5f620_s

私の体質的には陽性がよかったのでそちらを摂りましたが、人によっては陰性の食物の方がいい場合もあります。

食の陰陽については聞いたことある方も多いはず。ネットで調べるとすぐ出てきますが、陽性の野菜には

根菜類、かぼちゃ、白菜、玉ねぎ、キャベツ、じねんじょ…などがあります。

逆に夏野菜など体を冷やす野菜が陰性です。

ジャガイモも陰性です。

あまり細かく考えず「偏らずに色んな野菜をおいしく摂ること」をポイントに実践すればよいと思います。

 

動物性食物・砂糖をやめる

pexels-photo-65175

肉・魚・卵・乳製品など動物性の食物、そして砂糖や合成甘味料を使った甘いものも食事療法中は摂りません。

加工品なども含めると、現代の食生活ではほぼ毎日何かしらの動物性食物や砂糖を摂取しているはずです。

 

なぜ動物性食物や砂糖が脂性肌にとって良くないのか?

皮脂との関連で言うならば、これらが「中性脂肪」に変わりやすいという理由があります。

中性脂肪とは皮下に貯蔵された脂肪です。

つまり動物性食物や砂糖の過剰摂取は、結果的に皮脂を増やす原因となるのです。

また砂糖を摂って血糖値が上がるとインスリンというホルモンが分泌されますが、インスリンには皮脂の分泌を促すはたらきがあるので脂性肌に砂糖は良くないのです。

他にも悪い脂やお砂糖が身体におよぼすよくない影響はいろいろありますが、ここでは割愛します。

 

それと、食事療法中たんぱく質が摂れないけど大丈夫…?と思うかもしれませんが、実はお米も優秀なたんぱく源です!

しかもたんぱく質は、炭水化物がしっかり摂れていないと筋肉になるより先にカロリーとして消費されてしまいます。

お米をしっかり摂ることは、効率的にたんぱく質を吸収することにつながります。

 

もしそれ以外で期間中どうしてもたんぱく質を摂るなら、豆腐が良いと思います。

でも私は、自分の「素の状態」を知りたかったので食事療法中は豆腐も食べずに「米・そば・野菜と、たまにシンプルなおせんべい」に絞って粗食生活を続けました。

 

天然塩をしっかり摂りましょう

粗食生活をする中で、とても大事なのがこの「天然塩」

ミネラルをしっかり含んだ海の塩(あら塩)や岩塩です。

 

減塩を耳にする機会が多く、塩=悪いものになりがちですが、高血圧症リスクになり体に悪いのは「精製塩」です。

天然塩なら極端な量を摂らなければそのリスクもありませんし、そもそも体の機能がちゃんとしていれば余分な塩分はお小水として排出されます。

天然塩もきちんと取り入れることで、粗食でも元気に過ごすことができますよ。

 

関連記事:塩分不足が冷え性の原因に!ちゃんと塩分を摂ったら冷えが改善してきた体験談

 

飲み物にハーブティーもおすすめ

image

私は基本お水を飲んでいましたが、ハーブティーもおすすめです。

単純に美肌効果の高いハーブティー(ハイビスカス・ローズヒップなど)を飲むのも良いですし、ホルモンバランスを整えるハーブティーもおすすめ。

男性ホルモンが多くなると皮脂量が増えるといわれているので、女性ホルモンの働きを高めるものをいくつかご紹介します。

これらをブレンドして飲んでもおいしいですよ^^

ラズベリーリーフ

ヨーロッパでは古くから妊娠中の女性に欠かせなかったハーブです。ホルモンバランスを整え、女性特有の不調を和らげてくれます。

パッションフラワー

鎮静(リラックス)作用にとても優れたハーブです。ストレスからホルモンが乱れている人にはもってこい。

マリーゴールド

PMSや生理痛、更年期障害など和らげます。お肌の調子を整える作用にも優れているので、ホルモンバランスの崩れから来る肌荒れにはとてもおすすめ。

 


3.食事療法で体質が改善したことを感じるまでの期間は?

611bbaaf4949f2744c4e9118fd1e1a91_s

私の場合は10日間で、まず皮脂が減ったのを感じました。

人によると思いますが10日間~2週間も徹底的に粗食生活をすれば、どんなに感覚が鈍い人でも何かしらの変化は感じていると思います。

 

ちなみにこの食事法をすると嫌でも2㎏ほど体重が落ちます。

最近は断食(ファスティング)なども流行っているので皆さん心得ていると思いますが、体調の様子を見ながら行ってくださいね。

 


4.体質改善でオイリー肌のこんなところが変わった

変化を感じ始めるときっと「苦しかったけどやってよかったー!」と思えるはずです。

da7568fa11b2ab9ef5040bd71069012a_s

皮脂の量に変化が!脂性肌が改善された

10日間の修業を終えた後、まず皮脂の量が変わりました。

私はこの記事を書いている現在31歳ですが、20歳頃からずーーーっと脂性肌に悩まされてきました。
「インナードライ」も疑ってみましたが、私はいくら高保湿化粧水をつけても、パックをしてもダメ。エステに行っても効果はそのときだけ。
一生治らないとあきらめるしかないのかぁ…と思っていました。

それが、食事を変えてしばらくしたら皮脂がパッタリと止んでしまったのです!
そして初めて自分の脂性肌の原因が、動物性食物やお砂糖の摂りすぎだったことに気付きました。

元々食事には気を使ってバランス良く食べるようにしていましたが、「それでも私の体には多かったんだ!」と衝撃でした。

ただ、これはその人の脂肪代謝とも関係のある話で(また長くなってしまうので割愛させていただきますが)、私は体内に悪いものを溜め込んでおけるキャパが小さい方なのです。

10日間粗食生活をして、その後も基本を粗食で3カ月ぐらい続けていると「完全に脂性肌が治った!」と感じましたが、粗食の頻度が減るとまたすぐに元に戻ります^^;

体質によって人それぞれ改善までの道のりが違うので、「食事がお肌に与える影響がとても大きい」という一例として認識してもらえたらと思います。

 

大人ニキビが消えた

FullSizeRender

その後も気になっていた肌トラブルは日ごとに改善していきました。

消えては生まれる大人ニキビ。

以前は「跡がまだ残ってるのに次ができてる!」と嘆いていましたが、せっかく体が「治そう」とがんばっているのに私がその原因を絶えず投入していたんだ…と気付きました。

食事を見直したら、新たなニキビはほとんどできなくなりました^^

また、食品添加物や油の多いものを摂ると翌朝わかりやすくニキビが出現するようになりました。
本来の体の機能が戻り、良いものと悪いものをしっかり区別できるようになったのだと思います。

 

くすみ・ザラつき・乾燥…肌質そのものの改善

a07ba5b27b267f67ed18b9c534c64892_s

くすみもだいぶ良くなりました。

これはまた別の記事でお伝えする「日々のお手入れ法の見直し」の影響もありますが、お顔の色ムラが減り、古い細胞が入れ替わったのを感じました。

同時にお肌のキメも戻り、ほっぺたを触ったときの感触ももっちりするようになりました。
ザラつきが改善し、洗顔後もすぐ化粧水をつけなくて大丈夫なぐらい自分の力で保水できるお肌になってきました。

また、私には昔からソバカスがあります。これは薄くはなりますが消えることはありません。

シミによっては消えるものもありますが、要はシミ・そばかすが消えるか否かということよりも、「健康なお肌」としての状態が保たれているか否かというところが重要であると私は考えます。
これについてはまた別の壮大なお話になってしまうので割愛します…^^;

 

食事療法で起こるいいことは他にもある

実はこの食事療法は、お肌だけでなく色んな所に効果が現れます。なぜなら細胞から生まれ変わるからです。

私は10日間で他にも、寝起きがスッキリしていることも実感しました。

感じ方は人それぞれなので、ぜひご自身の感覚を研ぎ澄ませて色んな変化を感じてみてください^^

 


3. まとめ

sprout-1136131_640

以上、食事による脂性肌の改善について私なりに書いてみました。

肌トラブルが改善していく過程を観察していて一番おもしろいと思ったのが「全部一緒に治っていったこと」です。

今までは脂性肌・ニキビ・くすみなどなど、それぞれの肌悩みに対して一つ一つ対応しなければと考えていたのですが、根本の環境を整えたらみんな勝手に、同時に改善に向かっていったので、「人間の体ってよくできてるなぁ」と感心しました。

根本を整えてあげれば、システムにしたがって自動的に治そうとしてくれる。
これこそまさに私の求めていた「自己治癒力」!!

お肌だけでなくどんな心身の不調にも言えることですが、私たちの中にははこのようなすごい力がもっと計り知れないぐらい眠っていて、環境さえ整えば自然に発揮されるのだと思います。

いつも力を最大限に発揮できるよう、与えられた機能への感謝を忘れず、自分の体にもっとよく耳を傾けようと思いました^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://soyo-soyo.jp/2839/trackback

PAGE TOP