内側から健康に!ルネサンスごはん

皆さんは「ルネサンスごはん」というのを聞いたことありますか?
「ルネサンスごはん」とは、
代官山 「イル・プルー」代表の弓田亨さんが提唱する、
 

1. 砂糖・みりんは使わない

2. 下茹で・アク抜きはしない
3. いりこを中心に乾物で出汁を取る
4. 解凍調理はしない
…などを基本の柱とした、健康になる美味しい家庭料理のための考え方と調理法です。
 
 
 
先日、初めてその代表とも言える炊き込みご飯に出会い、とってもおいしくてビックリしました!!
 
 
いりこ、昆布、アーモンドダイスとオリーブオイルを炊き込んだ、やさしいお味のご飯なのですよ〜^^
 
 
 
そこでさっそく私も再現してみることにしたのですが……
ルネサンスごはんの理念や調理法を全く調べずに、見よう見まねで作ったので、本来のルネサンスご飯とは趣旨の全く異なるものになってしまいました^^;
 
私のは、
いりこもだしの素使ってるし…
昆布も味付きごま昆布だし…
作る順序も違うし…
ただのまぜご飯(笑)
 
でもこれはこれでとってもおいしかったです!
次回は正しい材料と手順で作りたいと思います!!
興味深いのが、ルネサンスご飯を作り続けた方々から肌荒れ、アトピー、不妊症、アレルギーなどなどが改善したという報告があるということです!
いずれその人の血となり肉となる「食べ物」ってやはり大事だなぁ〜、とつくづく思いました。
現代の生活では、添加物を一切避けて生きていこうとすることはとてもじゃないけど無理ですが、神経質にならない程度になるべく自然のものをバランスよく摂取するように心掛けています。
 
ルネサンスごはんは本もたくさん出ているようなので、特に小さいお子さんのいるおうちなど、オススメだと思います^^
私ももっと研究して、内側からの健康を目指します☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP