植物のスピリチュアリティとメッセージ

 

 

 

友人から借りている本、

『スピリチュアルアロマテラピー入門』

吉田節子

 

花言葉のような感じで、それぞれの植物が伝えているメッセージが書いてあります。

一般的な心や体への作用(ラベンダー=リラックスとか、化学成分のこと)とはまた別の、

もっと目に見えない領域の、植物が私たちの精神にうったえる深いメッセージです。

 

薬剤師でありアロマセラピストでありヒーラーの著者・吉田節子さんは、学術的アロマの仕事で疲れ切って、精油に(囲まれているにも関わらず)リラックス作用があることすら忘れていたとき、

ふと思い出して近くにあったラベンダーの小瓶を開けて

「自分を愛することを忘れてはいけません」

というメッセージを受け取りました。

 

それ以来、精油の香りが何を伝えるのか、ちゃんと感じられるようになったそうです。

 

なので、この本はいわば「植物の通訳本」

とっても興味深いです。

 

余談ですが私も以前、無心で施術しているときに窓際に活けたマーガレットを「きれいだな~」とボーっと眺めていたら、

「ずっと友だちでいようね!」とメッセージを受け取ったことがあります。

(耳で聞こえるのではなく、ハートの内側からふっと湧き上がる感じ)

 

 

世の中には、お腹の赤ちゃんと対話(胎話)できる人や、動物とお話しできる人など、いろんな次元の周波数をキャッチできる人がたくさんいます。

 

私ももっといろんな生命体の声を聴けたら楽しいのですが…

むずかしい。笑

人間の言ってることすら理解できないときがあります(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://soyo-soyo.jp/13860/trackback

PAGE TOP