心が洗われる音楽

 

今日は、私が大好きな癒しの音楽をご紹介します♪

 

セドナ在住アーティストである「Louis Landon(ルイス・ランドン)」さんの、ピアノ音楽です。

2016年にセドナに行った後も、セドナが恋しくて恋しくて…

セドナ関連のピアノ音楽を検索してたら出会いました!

 

 

サロンがあった頃はBGMとしても使っていました。

 

施術中の心地よい音楽は、お客さまにとってはもちろん、セラピストにとっても大切な道具のひとつ。

音楽にシンクロして、深いリラックスの中で施術できる喜びは、セラピストの特権かも?

 

もちろん普段でも聞いていて、先日は心が震えて電車の中なのに涙が出てきてしまったほど。笑

 

 

今年はコロナに加えて連日の酷暑、疲れて自律神経が乱れがちな方も多いと思いますが、

音楽による心の浄化はとてもオススメです(^.^)

 

 

どのアルバムもすばらしいのでどれから紹介しようか迷ってしまいますが…

(個人的に)心に響く部分が「表層」→「深層」の順にご紹介していきます!

 

ちなみに全部iTunesで試聴・購入可能です。

 

 

「HEALING PIANO OF SEDONA」

for massage, yoga, and relaxetion と書いてある通り、ゆったりとした解放感あふれる曲が多く、リラックス向き。

幅広い層にオススメな、のびのび・やさしいアルバムです。

 

このカバー写真、カセドラルロックからの景色だと思いますが、

まさにこのボルテックスの母なるエネルギーに近い安心感を得られると思います。

 

 

「DEPARTURE」

「HEALING PIANO OF SEDONA」から1歩進んでというか、もう少し力強くなります。

 

まさに「出発」の意味にふさわしく、新たなステージへ進むときに気持ちを押し上げてくれる1曲目「Departure」が大好きです!

 

「あぁ、私のいる場所はここではなくなったんだな。次へ進むときが来たんだな…!」

というお知らせ役のようにも感じます。

 

「Changes」も、同じく「変化」を後押ししてくれるすばらしい曲で大好き!

鳥肌ゾワゾワします。

 

 

「Healing Hearts 3」

このHealing Heartsシリーズは、まさに心の浄化がテーマ!

「感動」で心を洗って、別次元に連れて行ってくれます。

 

1曲目「Standing in the lights」は、鼓動のような響きにシンクロして聞いてると、

曲が終わる頃には自分の周波数が上がってるような、そんな曲。

 

施術中に流してるとき、曲の最後が仕上げと重なったときの恍惚感は、体験したセラピストにしかわからないでしょう…!

 

 

「Soul Healing Piano Music」

これは「Soul Healing」の名の通り、けっこう深い傷やトラウマを掘り出すような曲が多いです。

「Healing Hearts 3」と比べると、もう少し振れ幅が大きく深~いところから炙り出すので、暗い&重い曲も入ってます。

 

でも、恐れや悲しみを手放すためにはその感情と一度しっかり向き合わないとならないんですよね…

ちゃんと向き合って体験し切ると、自然に消えていく。

そのお手伝いになるようなアルバムです。

 

「Conscious Love」「Healing Words」

どちらも、ジーーーンと染み入ります。

 

「No More Fear」

ドスンと来ます。が、最後は天界へ昇る感じで終わってくれます。

 

「Clear Direction」

これもどんどん階段を駆け上っていく感じで好き~

 

 

「Walking the Plains & Other Solo Piano Stories」

こちらは最近YouTubeでLandonさんのチャンネルを見てたら発見したもので、

今の気分に一番マッチしてるアルバムかも。

暗いのもあるけど、心が震える度ナンバーワン!

コロナや暑さでぐったりしがちな気持ちに生気を与えてくれます。

 

「Walking the Plains」

YouTubeで、きれいな映像とともにアップされてるのでぜひ~

 

下記の3曲もすごく好き!

「Never Ending Story」

風になって草原を駆け抜けるイメージ…

 

「Prelude and Etude for a peaceful」

これが一番好きというか、自然に涙が溢れます…!!(T_T)

心臓がワァーーーーって全開になって、普段自分がどれだけ「思考」ばかりで「心」を使ってないか、目の当たりにします…

 

「Epic Journey」

「未来は自分の好きなように思い描けるんだよー!!」と、そんなメッセージが聞こえてきます。

 

そして「Prelude and Etude for a peaceful」もそうなのですが、Landonさんのピアノは本当に温かい!

激しい曲、やさしい曲…、いろんな表現がありますが、そのどれにも温かな癒しの心が感じられます。

 

 

セドナには2016年に行って以来行けてないのですが…

いつも心にはあの赤土の場所があって、つらいときとか疲れたときにはそこに周波数を合わせて妄想旅行をしています。

 

いつかまたセドナを訪れたら、Landonさんのコンサートに行ってご本人に会う!

というのが私の夢のひとつです。

 

 

最後にもう一つご紹介したいアルバムが。

「BLESSING」

マタニティマッサージをご利用くださったお客さまから教えていただきました。

施術中にかけてくださり、とても良かったので私も購入。

他のお客さまのところへ出張に行ったときもi phoneで流していたら、そちらでも好評でした(^^)

 

インドの古典楽器と自然音がマッチして、深くリラックスできます。

 

 

 

気分転換がなかなかむずかしい状況ですが…

ゆったり心地よい音楽に身を委ね、上手にストレスを解放していきたいですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://soyo-soyo.jp/11811/trackback

PAGE TOP