簡単♪自宅ですぐに試せるアロマ活用法でリラックスタイム

 

最近はご自身で精油(アロマオイル)をお持ちの方もかなり多いと思いますが、

いまいち日常で活かせなかったり、使い方のレパートリーが広がらなかったり…

宝の持ち腐れになってしまうこともあるのでは?

ということで今回は、とっても簡単に日常でアロマを楽しむコツや活用法、おすすめブレンドなどなど…

セラピストならではの情報をたっぷりお伝えします^^

 

目次:

  1. アロマバスでリラックスしながら芳香浴
  2. 便利なディフューザーでアロマ香るお部屋に
  3. マグカップを使って簡単ブレイクタイム
  4. ティッシュ1枚で!どこでも使える超お手軽利用法
  5. 天然オイルを使って、セルフアロママッサージ
  6. 番外編:簡単!手作り虫よけスプレー
  7. まとめ

 


1. アロマバスでリラックスしながら芳香浴

アロマバスはお風呂で血行促進・リラックスしながらアロマの香りを楽しめるので、かなりおすすめです!

アロマバス

【使い方】

①小さい容器にお塩をひとつかみ入れておき、そこにお好きな精油(アロマオイル)を5滴〜10滴ほど垂らします。
②あとは、(湯船に入る直前に)バスタブに入れるだけ!

【ポイント・注意点】

⚫︎お塩は、精油の肌当たりをマイルドにしてくれます。さらに、体をポカポカ温めてくれる効果も!「あら塩」と書いてあるものなど、天然塩がおすすめ^^

⚫︎半身浴など、湯量によって精油の量を減らしてください。

⚫︎アロマバス後は、故障の原因になるので追い焚きはしないでください!

 

効能別・アロマバスにおすすめな精油(アロマオイル)

ローズマリー

ローズマリー

血行を良くしてくれます。鎮痛作用が肩こり・腰痛などに効果的。

ラベンダー

ラベンダー

リラックス効果抜群!

肌荒れ・肩こり・むくみ・咳など、実にさまざまな症状に使える万能オイル。

 

メジャー過ぎて逆に避けられがちなラベンダーですが、その用途の幅は本当に広くて、すばらしいのです!

よかったら下記の記事も参考にしてみてください^^

関連記事:『アロマの代表ラベンダー☆種類や花言葉まで、奥深い魅力を一挙ご紹介

ジンジャー

ジンジャー

ポカポカ体を温めてくれます。お腹の調子を整えるので、便秘や食欲の調整にもおすすめ。

サイプレス

サイプレス

デトックス作用があり、むくみ解消に役立ちます。香りが独特ですが、柑橘系と混ぜるとバランスがとれます。

 

【注意点】

⚫︎柑橘系の香りは好きな方も多いと思いますが、入れすぎるとお肌の刺激になってしまうことがあります。

その他の香りも(敏感肌の方は特に)最初は少なめから始めて、様子を見ながら量を調節してください。

 


2. 便利なディフューザーでいつでもアロマ香るお部屋に

お客さまに、ご自宅でどんなアロマの使い方をしているか伺ったときの第1位がディフューザーです^^

購入費用はかかるけれど、おしゃれなものも沢山あるのでインテリアの1つとして持つのもいいですね。

image

ディフューザーの種類と特徴

振動式(ドロップ式)

理科の実験で使うようなフラスコ状のガラス部に精油を垂らし、空気の振動によって拡散します。

1番強く香りが拡がるタイプなので、「確実に香りを楽しみたい!」という方におすすめ^^

「精油をそのまま使うのでランニングコストがかかる」と言われることも多いのですが、他のタイプで香りが弱いと感じてたくさん精油を使うというお話もよく聞くので、それなら確実に香るタイプの方がいいのでは…?というのが個人的な意見です。

ただ、本体が約1万円程するので導入コストは安くはありません。

加湿式

すでに持っている方も多いのではないでしょうか?加湿器を兼ねて、水蒸気とともに拡散させるタイプです。

夏に使えない点と、雑菌が繁殖しやすい点が玉にキズ…

お手入れを怠ると逆に嫌なにおいがしてきてしまうので私はあまりおすすめしませんが、どこでも売っててお値段もお手頃。導入しやすいのが良いですね^^

ランプ式

ランプ(電球)の熱で拡散させるタイプ。

コンセントに直接差して常夜灯を兼ねたものや、一見ディフューザーとわからないような、おしゃれなのもあります。

電気の熱であたためて香らせるので、香りの拡散はかなり穏やか。

「あ、なんかたまにいい香りがするかも…」という曖昧な感じです^^;

香炉(アロマポット)式

水を張った受け皿に精油を垂らし、下からキャンドルの火で温めて拡散させます。

拡散率はそこまで良くはありませんが、独特の雰囲気があって個人的には大好きです^^

でも、火を使うので子どもやペットがいるおうちでは使いにくいかもしれません…。器がけっこう熱くなるので、空焚きにも注意が必要です。

ファン(エアー)式

個人的に1番おすすめなのがこちらのタイプ♪

扇風機のような羽が内臓されていて、風で香りを拡散します。中にコットンやティッシュを置けるようになっていて、そこに精油を垂らして使います。

image

ちなみに、そよそよでもこれを使っています。小さなお子さま連れの産後ママがいらしたときでも、火を使わないので安心です。しかもお掃除らくらくで、香りの交換も簡単!

 

いろいろご紹介しましたが、ディフューザー選びの参考になれば嬉しいです^^

 


3. マグカップを使って簡単ブレイクタイム

ひと息入れたいとき、一時的に香りを楽しむのならこれがおすすめです。

温かい蒸気とともに吸入するので、喉や鼻にも優しい^^

image

【使い方】

お湯を入れたマグカップに好きな精油を2〜3滴垂らすだけ!

 

効能別・吸入におすすめブレンド

花粉症ブレンド

ユーカリ・グレープフルーツ・ティーツリー

オフィスでの眠気覚ましブレンド

ローズマリー・レモン・ペパーミント

おやすみ前のリラックスブレンド

イランイラン・オレンジ・ラベンダー

 

とってもいい香りですが、くれぐれも誤って飲まないでくださいね^^;

 


4. ティッシュ1枚で!どこでも使える超お手軽利用法

これはお手軽すぎて活用法と言っていいのかわかりませんが…^^;

精油を垂らしたティッシュには、実に色んな使い方があります。

image

マスクの内側に入れる

風邪や花粉の時期に。香りがなくなったら再びティッシュを交換すれば良いだけなので簡単、しかも衛生的です。

おやすみ時に枕元に置く

火も電気も使わずに、好きな香りを楽しみながら眠りにつけますzzz

夏は、扇風機やクーラーにテープで貼る

見た目はかなり貧乏くさいですが(汗)、熱帯夜でも爽やかな気分にさせてくれます。

ゴミ箱に、匂い消しとして入れておく

ゴミ箱を開けたときの不快な匂いが和らぎます!ペパーミントやティーツリーなら殺菌効果もあるのでおすすめです。

 

他にも、

・仕事や勉強の合間に

・飛行機や新幹線など、長距離移動の際に

お気に入りの精油とティッシュさえあれば、いつでもどこでも気分転換できます☆

 


5. 天然オイルを使って、セルフアロママッサージ

オイルを使ったマッサージも、材料さえ揃えれば意外と簡単にできます。

マッサージと同時に、アロマの効能を皮膚から吸収できて、保湿も兼ねるのが嬉しいですね♪

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

 

マッサージオイルの準備

アロママッサージには、「キャリアオイル」という希釈用の植物オイルに精油を数滴入れたものを使います。

私のおすすめは、サロンでもボディに使っている「スイートアーモンドオイル」

伸びが良く、赤ちゃんにも使えるほどお肌に優しいのが特徴です。

今はネット通販でも簡単に手に入りますよ^^

個人使用であまり大量に購入してしまうと、使い切れずに酸化してしまい、処分に困ることもあるので気を付けてください。

アーモンドオイル25mlに対して、精油を5滴で1%濃度のマッサージオイルができます。

精油の種類によって香りの強さや肌刺激が違うので、ひとまず1%で使ってみて香りが弱すぎたらちょっと増やしてみる…

というやり方がいいと思います。

 

マッサージの方法

セルフなので、あまり深く考えずに自己流で良いです。

まずはオイルを塗布します。ベトベト過ぎず、カサカサ過ぎずの適量を伸ばしましょう。

 

ふくらはぎなら、足先からひざの方へむくみを流すイメージで行います。

指先やこぶしを使って、気持ち良いと感じる強さで行いましょう。

骨のまわりは老廃物が滞りやすい場所です。

くるぶしやひざの周りはクルクルと丁寧に流しましょう。

 

肩も同じく、押し流す感じで、心地よいと感じるツボがあればじんわり指で押すのもおすすめ。

首は神経がいっぱい通っているので、あまり強く押し過ぎないよう注意しましょう。

 


6. 番外編:簡単!虫よけスプレー

夏のアウトドアシーズンには必需品の虫よけスプレー。

アロマオイルを使って簡単に手作りできます!

3分でできる上に、天然のものなので市販のと比べて体にやさしい^^

おまけに香りに癒されます♪

 

これは別記事にアップしているので、下記をご参考ください。

夏のアウトドアに!アロマを使った虫よけスプレーの作り方

 


7. まとめ

色んな活用法をご紹介しましたが、大切なのは、皆さんがそれぞれご自身のやりやすい方法でアロマに親しむことです。

せっかく手に入れた精油。小さな瓶の中には、世界各地で育った植物の恵みがいっぱい詰まっています。

宝の持ち腐れにするぐらいなら、ティッシュでも何でもいいので(笑)ぜひ使い切ってあげてください。

「アロマって肩ひじ張らずに楽しめるんだ〜」と感じていただけたら嬉しいです^^

image

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP