マッサージ(する側)の醍醐味

突然ですが、私は凝りやむくみをオイルマッサージでほぐすのがとても好きです(・ω・)
肩甲骨の間に溜まった凝りのかたまり。
皮膚表面のすぐ下で滞っているむくみ・老廃物。
これらを流すとき、手のひらや指に伝わる「ゴリゴリ」、「プチプチ」した感覚がやみつきになるのです( ´艸`)
時間をかけてほぐすと、それらがやわらいでいくのがわかってとても楽しいです。
たまにお客様から「すごい凝っていたから疲れるでしょう」とお気遣いいただくことがあるのですが、むしろ凝りやむくみが多い方がやりがいがありますo(`ω´ )o
…と言うと何だかきれいごとや強がりのように聞こえますが、本当です。


梱包のプチプチを潰すのにハマる感覚に似ている気がします。

もしも腕が伸びて、自分で自分の背中をほぐせたらどんなにいいだろう…と今まで何度も考えたことがあります(笑)。
でもそれだと、『ほぐす楽しさ』と『ほぐされる楽しさ』の両方が一気に来るから、どっち付かずになってしまいますかね…^_^;
広尾・恵比寿の隠れ家アロマサロン
◾︎Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP