【医食同源】お味噌は、コロナウイルス対策に重要な「成長ホルモン」を増やしてくれる!

 

健康・栄養に関しては、こちらの記事にもまるっと情報をまとめたので、併せてお読みいただけたら嬉しいです!

健康のページ【食事・栄養編】

 

 


私が信頼している治療家の神山先生から、コロナウイルス対策の一つとして、和食…中でも「お味噌」について、

とても重要なご報告があったので、下記にそのままご紹介します(^ ^)

 

以下、Braneworld therapyホームページより抜粋

 


 

日本のコロナウイルスの死者数は、欧米諸国と比較してなぜ少ないのでしょうか?

仮説ではありますが、理由のひとつに「和食」が考えられます。

 

とくにお味噌は、大切な食材です。

 

 

お味噌は生命体の修復をうながす

膜空間の実験で、興味深い結果が出ました。

【2020年3月28日(土) 実施】

 

お味噌と海苔を食べて「細胞共鳴共振運動」が起きるか実験したところ、

お味噌で大きく反応があったのです!

また海苔も、お味噌ほどではありませんが反応がありました。

 

細胞膜共鳴共振運動が起こるということは、

生命体を良い方向に持っていく修復運動が起こるということ。

すなわち、お味噌は生命体の修復を促すのです!

 

 

お味噌で「成長ホルモン」を増やしてウイルス対策

栄養学の観点からも、お味噌がとても優れた食材であることは証明済みです。

 

BCAA(分岐鎖アミノ酸)は、タンパク質の中でもとくに

マグロ、カツオ、アジ、サンマ、牛肉、鶏肉、高野豆腐、チーズ、

そしてお味噌の原料である大豆にも、多く含まれています。

 

大豆には、タンパク質・脂質・炭水化物の3大栄養素に加え

ビタミン・ミネラル・食物繊維も含まれており、

生命の維持になくてはならない必須アミノ酸が豊富に入っています。

 

そして発酵の過程で、ビタミンやアミノ酸がバランス良く生成されます。

これは、191個のアミノ酸からなる成長ホルモンの分泌に関係します。

 

つまりお味噌は、成長ホルモンを補給していく大切な食材と言えます。

 

 

さらに…

「コロナウイルスは、成長ホルモンが少ないと重症化する」

という重要なキーワードがあります!

 

免疫細胞の暴走が起きて、サイトカインストームを起こさないためにも、成長ホルモンの補給・補強はとても大切です。

 

コロナウイルスに負けない体を作るために、お味噌を摂取して成長ホルモンを補給することが役立つのです!

 

…ということで、日本にはお味噌などを食する「和食」の文化があるから

コロナウイルスによる死者数が少ないのではないかと、強く認識しています。

 


抜粋以上。

 

お味噌は、腸内細菌を整える食材としてすばらしいとの認識がありましたが、

栄養学的にも優れた食材だったのですね!

 

日本人はとくに、深刻なタンパク質(アミノ酸)不足でもあります。

 

私のオススメは、お肉や卵などアミノ酸スコアの高い食材と、お野菜もたっぷり入れたお味噌汁です。

栄養と腸内細菌、両面から健康にしてくれます!

 

 

あと友人に教えてもらったのですが、イタリアンに隠し味でお味噌を入れるのも好きで…

鶏肉のトマト煮込みや、

先日はスパゲッティボロネーゼを作りました♪

コクが出てとてもおいしいので、ぜひお試しください〜(^.^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://soyo-soyo.jp/11431/trackback

PAGE TOP