チョコレートの「アロマ」に学ぶ

突然ですが、世界で唯一のカカオハンターの、小方真弓さんを知っていますか?
良質なカカオを求めて南米の奥地まで行ったり、カカオの品質向上や生産農家の発展、チョコレート精製に至るまでアドバイスを手掛け、世界をかけめぐるハンターとして活躍しているすごい女性なのです!
以前テレビで彼女を知ったのですが、道なき道をガシガシ進んでいくたくましい姿や、好きなことに没頭しつつもご両親を気遣う優しい姿がとても印象的でした。


すると先日、友人が「いただきものだけど…」とくれたチョコレートが、小方さんのチョコレートでした!(*_*) 
小方さんはチョコレートの香りについて下記のように語っています。
『チョコレートの香りは画一的なものでは無く、そのカカオの実からどのようにカカオ豆を作り、誰がチョコレートに仕上げ、誰が口にするかで、現れる「アロマ」が変わってきます。
チョコレートの「アロマ」とは、官能に語りかけるもの。
それらは与えられるものではなく、自らの五感を研ぎ澄まし、意識の奥まで探しに行くからこそ、見出すことが出来ます。』
なるほど、奥が深い…
チョコレートの香りは、人それぞれの感性で愉しむものなのですね。
それってアロマトリートメントにも似てるなぁと思いました。
セラピストはお客様それぞれに合った香りを選ぶお手伝いをし、疲れをやわらげるマッサージを施して、言わばショコラティエの役割を担いますが、それらを五感で受け入れるのはお客様自身。

リラックスの最終形はお客様それぞれの感性=「癒やしの受け入れ体制」にかかっている気がします。

うまく説明できませんが……^^;
それにしてもこの小方さんのチョコレート、カカオ70%でとても濃厚なのですが、「アロマ」を愉しむには最適な濃さです。
今までチョコレートを食べるときにカカオの香りに意識を向けたことなどなかった私ですが、偶然手元に届いたこのチョコレートは、他でもない私自身の五感を研ぎ澄ましながら香りを堪能し、ありがたく頂戴しました。
ホームページから24時間ご予約受付中♪
◾︎Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP